Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

曇り。寒い感じ。

朝はカボチャピザとお味噌汁。

部屋の掃除。

洗濯2回。
室内で乾かす。

☆「童心作家 横井弘三」を読み終える。

よく読んでみると、奥さんもいて息子さんもいる。

それでも、不当に評価されていると、オモチャン会の人が頑張って、絵を探したり生き証人を探している。

☆絵描きの人生は厳しい。

まして、純粋な絵描きは食べるのに大変だ。

横井さんは五反田の下大崎で露店商をやっていて糊口をしのいだのだそうだ。

絵を売ることを拒絶したが、紙やズックなら喜んで頂戴したそうだ。

☆絵にはムラがあるらしい。

あげた絵を大切にするひとと、迷惑にして捨ててしまうひとがいた。

戦前の二科展の二科賞に、樗牛賞に輝いた絵は、東京で焼けてしまい残ってない。



☆私は
壊れた作品の修理を始めました。

☆夕飯は散歩して、分別ゴミを出しながら、麓の蕎麦やさんでしょうゆラーメン。

 帰る途中、雨が降ってきました。
 アイスコーヒーをセブンイレブンで買って。

 気温は16度。
Subscribe

  • 五月病関連読本!のコピーです! 私のテーマの一つは日本の誇り、アジアの和!

    源氏香のカルタを作って見たのだが、紫式部の愛読書が宇津保物語! 本物の芸術の話!そして、大和から遣唐使が難破して運ばれたペルシャの地から、白馬にのせられ、仙人に学んだ中国の七絃の琴(きん)は、ユネスコの世界遺産になりました! 宇津保物語から地震が起きたシーン。…

  • 宇都宮功の本。

    この人の事はまるで知らなかったが、とても成功している画家のようだ。 1945年、盛岡生まれ。 私が1947年生まれなので、かぶっていて時代の流れはよくわかる。 そして、作家やギャラリーの名も知っているので、情報として実によい本だった。…

  • 携帯の調子が悪い!

    木嶋佳苗が獄中で書いたと言う実話。 正直に書かれていると思う。 世の中には悪い人が多いものだ。 若い高校生の彼女を騙した詐欺師や母親の交通事故による脚の切断。 恐ろしくおませな社会との関わり方。 偶然か?祖父の馬の受精やヤマギシ会での牛の受精見学が性への好奇心を育てる。…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments