Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

なんと12度!段ボールを折り畳んで処分にロッジまで!

 赤瀬川さんの千円札プリントは有罪だったようです!
椹木野依さんの本に書いてありました!no title
no title

東京から運んだガーデンテーブル!
no title

もうすぐさよならのおうち。
no title

Momaで買った広げられるバスケット!
今はテーブルの上でミルクやお砂糖をいれてつかってます!

no title

タヒチ!
行きたいわね。
no title

no title

私の作品!
no title
no title


no title

 
 地下からと2階から、段ボール箱を10箱折ってロッジに運びました!



 他に折れた庭の大きなパラソル!


 いつもの缶やボトル。


 往復3回で。



 ☆「樹香」で手作りケーキとコーヒー。



 ☆セブンイレブンまで歩き、トイレットペーパーや料理用酒など!

 


 ☆コテージに帰ってきて庭でお茶してます!



 丸い大きなテーブルクロスが地下から出てきたので干して使っているのです。

 



 南フランスで買ったようなデザインです!



 今まで庭で使っていた白い木の椅子はグリーンのペンキを塗って、庭の奥に置きました。



 今使っているのは東京からの丸テーブルに、椅子2脚、ベンチで、白塗りですが鉄なのではげないし、25年くらい無事です!




☆今日の読書。

椹木野依著
反アート入門(芸術には芸術の分際がある)
幻冬舎

 古本で買った本で、線、書き込み漫画、穴まであいていたが、内容はなかなか範囲が広く面白かった!

 一番、胸に響いたのは、アートの歴史に刻印することの困難なこと。

 アート、特に現代美術の歴史に、うーんと思うところがありました。

 今のアートというのは、哲学的な所がありますね。

 アートは誰にもわかるものでない。
一般に簡単にわからなくてもいいと言うのです。

 確かに、アートをわかる努力をしてますが、時間も体力もお金もかかります。

 そして、ある時、わかると言うのもあります。
☆passin ルオー

☆夕飯は焼き鳥、野菜ソテー、漬け物。
 巨峰チーズケーキ。

☆物置が仕事ができるようになりました!

テディベアがありました!

☆ネットの動画を観ていたのですが、なかなか面白いアートのようなものもあるんですね。

 また、叫びのようなものも。

☆経済について。

 私の家は商人だったので、働くことは当たり前で、アートをやるからという援助はいっさいなかったです。

 しかし、現代美術や絵画をやる人のなかには、親の援助やパトロンの援助が当たり前の家もある。

 アルバイトをするのは外道とか堕落という考えもあるのでした。

 アーティストは選ばれた存在だから、大衆は貢ぐべきという作家も多いのでした。

☆ノーベル医学賞の大村智さんの両親は立派ですね。

 彼は百姓仕事を手伝い、夜学教師をしながら自分も勉学に励んだ。

 そうして、直感のように労働から学んだことが、多能を育て、有能にした。

 大村さんの名は、女子美術では有名でした。名誉理事長をしていて、応援をしなければと美術館に絵をたくさん買い上げていた。

 テレビに映った画像で片岡球子や徹子の部屋に飾ってある掘文子の絵があることかわかりました。

 未だ、行ったことがないのですが韮崎まで、早速検索。いつか行きたいです。

 大村智さんが奥さまとアメリカ中、薬の会社のスポンサーを探しに車で回ったことを知り、行動力にも敬服。

 自分は何て怠け者なのかと反省。

 奥さまは研究者の援助がしたいかたなのだったそうです。

 研究者というのは、本当に素敵な仕事ですが、誰もが成功できるわけではない。大村さんのような方がノーベル賞をもらうのは、やはり、神様がいるのだと思いました。

 
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments