Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

お帰り!

☆ 昨晩、読み終えました!
生きる勇気。

 14歳で誤診による盲腸手術のあと1週間で川を渡り母親と北朝鮮から出る。

 川が凍り、監視人に賄賂を払い、導き手が時を選ぶので、その日しかないということだった。

 中国にわたるまえに、父親は密輸をして犯罪者として刑に処していたが、遣り手の商人だった父親に連れられ、愛人のいるソウルに彼女は1か月くらいいったことがある。

 豊かな清潔なビルの建ち並ぶソウルに彼女は驚嘆している。

 農村の彼女の村は貧しく配給もなく、人々はチクリ合い恐怖と飢えの中に居たのだ。

 腹の傷を抑え渡った中国で、女性はすぐレイプされる。

 母親は彼女は病気たからと、代わりに自分をと身を投げ出す。

 14歳の年齢を16歳と偽り、母親は逆に若い年齢にして、人身売買の市に出される。

 農村の嫁や障害者の嫁に北朝鮮から逃げてきた女性は売られる。

 母親と娘は同じ家に売られたかったが、そうはできなかったが、携帯で連絡はとれるようにした。

 14歳の娘は暴れ、噛みつき、抵抗しレイプからまぬかるたが、それでも飢えからレイプされる。

 それからも拉致されやくざのボスの愛人にされそうになるが、比較的ましだった彼女の買い手が、助けだし、母親との連絡や姉探しや父親の脱北を手伝う。

 彼女は中国を脱出するため、いかがわしいネットの電話で働き、そこから母親とモンゴル経由で韓国に向かう。

 キリスト教会の命がけの手引きや必死な氷点下30度のモンゴルの国境で暗闇を逃げたり、同じグループのわずかな方向感覚違いが生死を分けたのだった。

 韓国に入ってからは、14歳までしか教育受けてなかった彼女は、2年の学習で名門大学受験に成功する。警察に関する専攻で、誰もが受かるとは思わなかったが、受かり、成績も段々上がる。

 アメリカに渡り、脱北の講演をすると世界中からメールが来る。

 今はコロンビア大学で更に学ぶ準備中。

 韓国からの電話で、姉が見つかり、父親も脱北に成功し、末期のガンでなくなったが、親子の対面ができる。

 作者は、子どもの頃は学校ではできない方だったと言う。成績順で席が決まり学校にいくのが嫌だったと言う。

 子どもの生きる力をどう養うか?
運なのか?

 私は北朝鮮の情報操作社会に驚いたが、日本も、そう自由とは思えなかった。




 青森美術館5ミッフィー展で買いました!
白いのはTシャツ。
黄色と白のは手拭い。
棺桶ミッフィーのおじいちゃん!
 no title

Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments