Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

午後の読書。

寒いので眠むたくなりました。
教育テレビしか観れないので、つけっぱなしにしてますが、なかなか内容がいい。

小林凜くんの俳句。
未熟児で生まれた小林凜くんには障害がある。

小学校で苛めにあい登校をやめる。
学校の先生をしているお母さんが家庭で義務教育に求められている学習を教え、カリキュラムを作る。

凜くんの俳句は動物や植物や自然のものを素直に読むわかりやすいもので、毎日、読む。

13歳の凜くんに俳句仲間の104歳の医師のお爺さんが仲間として励ましを送る。

人生には辛いことも悲しいこともあるが、それも大切な人生の一部と言う。

昨日観た「かみさまとのやくそく」を思い出す。

 凜くんは神様と約束を果たすために生まれてきたし、最良のお母さんを選んできた。

 凜くんをいじめからかばった小学校の同級生に祭りであう。

 学校へ行かない選択もあっていい。

 自殺や他殺にまである学校より自宅学習は数段いい。

 凜くんはそうした生き方を見せるために生まれてきたのかもしれない。


和歌。
等観てました。

 ベラルーシの街の風景。
コーヒーな紅茶を売ってます。
前はマトリョーシカ、刺繍したエプロン等も売ってました。






 この本には聖霊の働きがたくさん書かれてます。信仰の力、喜び。生きることは神の祝福。




 600人の孤独死。

no title
no title

 幕屋と言う無教会派のキリスト教です。
no title
Subscribe

  • 五月病関連読本!のコピーです! 私のテーマの一つは日本の誇り、アジアの和!

    源氏香のカルタを作って見たのだが、紫式部の愛読書が宇津保物語! 本物の芸術の話!そして、大和から遣唐使が難破して運ばれたペルシャの地から、白馬にのせられ、仙人に学んだ中国の七絃の琴(きん)は、ユネスコの世界遺産になりました! 宇津保物語から地震が起きたシーン。…

  • 宇都宮功の本。

    この人の事はまるで知らなかったが、とても成功している画家のようだ。 1945年、盛岡生まれ。 私が1947年生まれなので、かぶっていて時代の流れはよくわかる。 そして、作家やギャラリーの名も知っているので、情報として実によい本だった。…

  • 携帯の調子が悪い!

    木嶋佳苗が獄中で書いたと言う実話。 正直に書かれていると思う。 世の中には悪い人が多いものだ。 若い高校生の彼女を騙した詐欺師や母親の交通事故による脚の切断。 恐ろしくおませな社会との関わり方。 偶然か?祖父の馬の受精やヤマギシ会での牛の受精見学が性への好奇心を育てる。…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments