Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

魔女の秘密展!

 最終日なせいか、11時からの原宿ラホォーレの美術館は長蛇の列!

 一見、子供じみてるけれど、中身は歴史、資料ともちゃんとしている!

 この魔女の秘密展は、2015年3月7日から、大阪、新潟、名古屋、浜松、広島をまわって、東京の原宿が最後のようです。

 昨晩、読んだohono blogで、名古屋でご覧になり、魔女の拷問等も陳列してあってとてもいいと、あったので!

 とにかく満員!
 黒猫のオーディオを借りて進みましたが、ミイラや伝説の守護もぐらの手とか、飲むマリア像とか面白かったです。

 ドイツのブファルツ歴史博物館から企画協力を得ているようです。

 ドイツ、オーストリア、フランス、リヒンシャタインの各博物館や美術館から、貴重な作品を借り、2009年にドイツで「魔女ー伝説と真実」を、日本で始めて、新たに構成された特別展とのこと。

 15世紀から300年の間に魔女として処刑されたのは6万人。

 魔女に自白させるための拷問道具。

 悪天候は魔女のせいにされた。

 長い小氷期。

 ペスト。

 30年戦争。

 貧困。

 カトリックとプロテスタントの宗教的緊張関係。

 人々の不安が魔女裁判になり、70%が女性で、女性が仲間をちくった。

 薬草の知識のある魔女は賢いので、教会から恐れられた。
                       
 

no title

no title

 
no title
 拷問道具。
no title
 五芒星のお守りの描かれてる揺りかご!
no title
no title
no title
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments