Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

退職願を書く!

 この秋、10月27日には62歳になる私は長い間薄給を貰っていた会社を辞めることを決意した。経済の安定のために役員として働いていたのだが、その分自分のアート活動が弱くなる気がするのだ。それで、白い封書、白い便箋、毛筆を用意した。


☆経済的にも見直しの季節です。
8月の携帯の使用料の請求がきて、びっくり。高いのよ。
それと7月末に解約したプチ・スタジオの電気、ガス、水道料金がまだ請求されて、銀行で引き落とされていたので、ただちに止めた。

 必需品として、ストーブとトースターを買って長野に送ったけれどやはり安くはない。

 これからは新幹線の割り引きはやめて、長野まで2000円というバスを使うかも。

☆留守中の日本経済新聞におおよそ半分の家庭が親の援助を受けてるとあったのでびっくりした。住宅費や教育費など。親は喜びだろうが、無い袖は振れぬともいわれているので、貯蓄に励むのだろう。

9月15日、つながる家族 日経生活モニター調査から。
親子で経済的な支援関係がある。48%
支援の中身は外食。食料代、日用品代と続く。
金額は8割強が月1万から5万円。1万円以下。
親世帯の7割弱が支援することを負担に思わない。

 例として、マンション購入時に1400万円提供した親。
孫の私立教育支援として月6万円送る親。
47歳の失業中の娘に家賃、水道、光熱費6万円を支援する親。

家計の金融行動に関する世論調査によると、
2人以上世帯対象
金融資産の平均保有額
     60才以上1730万円
     70才以上1386万円

☆私たち夫婦も2人で平均に届くと思う。
 
 結婚したときに、主人の弟夫婦と私たちを前にして「そのうち、コテージでも建ててあげましょう。」と言ったのは姑だった。
私たちは誰も当てにもせず、忘れていた。
現実に私たちも自分たちの働きだけではできないことがたくさんあって、有形無形の恩恵を双方の両親から受けてきたと思う。

 コテージの土地は私の父が40年以上前に買ったものだ。それを子供4人の名義にしていたので、私が相場よりやや高めの土地代を兄弟3人に支払って自分の名義にした。コテージのほうもよくわからないうちに建ってしまった。7月10日でできて、ようやく2ヶ月が過ぎたのだが、自分では前からあったように落ち着いている。姑は大変気に入って、自宅もコテージのようにしたいと騒いでいるが現実に築20年なので、まだ20年くらいは使いたい。別に大都会でもいいと思うし、土地が平らなのでずいぶん安くできると思いますよ。

☆洗濯屋に大荷物の汚れ物を出し、また大荷物のクリーニングしたものを持って帰ってきた。今日は娘の卒業式なので赤飯も炊いたしやや豪華な夕飯を作ったのに帰ってこない。みなでお祝いをしているのだろう。

 将来、娘が家族を持ったときに果たして私たちは娘の家族を援助できるかどうか?

 節約をどうやってするかなと考え中。
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments