Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

夕べのしあわせ。

海老と鶏のぐらたん!
玉葱と小麦粉を切らして苦肉の作。
小麦粉はごく少なかったですが、牛乳とバターでなんとか伸ばしました!
玉葱の代わりにニンジン、アスパラガス、マッシュルームでなんとか。
no title

no title

☆遅めにお風呂にはいるまで、慎太郎の「天才」、田中角栄のことをしていたので、金スマ?をテレビで観た。

 雪国は厳しい。

 なるほど。

☆娘が古径がわからないので、良さを説明してと言う。

 線がきれい。
 品がある。
 古典から無駄を省く簡略化で洗練。

 植物はデッサンが並べてあったので、色がある場所が少ない。

 画きかけばっかじゃないの?

 そういう作風もある。

 セザンヌとか。

 古径の画部屋と屋敷にもはいる。
no title
no title
no title

 いい暮らししていたね。

 文化勲章だからね。
 
 日本人の好みなのよ。

 アトリエには、コレクションの器の中の果物の絵のデジタル複写があった。


 自分のためのお道具箱が華麗で手作りで、回りが驚いたそうだ。

 自分のためのが、一番ちゃんと描いてあるじゃないの!

 古径と青邨の写真があった。

 青邨の弟子の芸大での日本画家が死ぬまで院展に入選できず、癌で50で、亡くなったのを思い出した。

 画壇は魑魅魍魎だから、本当のところはわからない。

 でもね。

 若い時に両親を亡くし、篤志家の援助で絵を学んだそうだ。

 学校も出てないしね。

 落ち着いたいい暮らしが夢だったかもしれないし。

 私たち以外は博物館もアトリエも屋敷もだれもいなかった。

 三岸節子美術館は辺鄙なところだったけれど、朝からたくさん人が来ていた。

 画家の人生や価値は、誰にも決められない。

 原則は自由だもの。

 独創性とか絵の強さとかいわれたら、北斎には敵わない。

 日本画のトップはかならずしも、国際的に評価されない。

 それが、日本画壇。

 
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments