Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

通ってきた道3.

母方の祖母。ていさん。
小町といわれた美人さんでした。no title
父方の祖母。まつえさん。
寺の娘でいつも凛としてました。
no title
ドイツの本屋さんにあったノアのはこぶね。
no title
パリ郊外Noisy Ie Grandにある「昔々のおうち」と言うアパートです。
パリ個展の時、10ヵ月くらい住みました。
37歳でした。

no title
no title
no title
no title
 リトアニアの十字架の丘。
天国のような波動でした。
現代美術のどの作品も敵わないでしょう。
no title

ブリキの太鼓!
ノーベル文学賞のアトリエを訪ねました。
美大を出られたのです。
その時は未だ、御在命でした。
no title

 ユネスコ記憶遺産!
no title


 葉山のボランティアの方たちが廃物の竹から竹紙を作り団扇を作るキットを送ってきました。それで、作ったら、小冊子の表紙に記載してくれました。
no title



 八戸の精神病院の院長さん。千葉元さん。
精神病患者さんと広大な庭に世界中の建物を建てているのです。芸術療法とか。
立派な方で、患者さんと一緒に暮らしておられました。
1日ですが、お手伝いしました。
no title
クイン社から出していただいたサイン帳とポチ袋。


no title
私の先生の作品。paul師。かもめの詩から生まれた作品。ボストングローブに紹介された作品です。安かったです。1000ドル。前期の授業料がただだったのに、とても恐縮なさるのです。

no title
no title
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments