Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

大あじゃり 塩沼亮潤さん。

no title
no title
no title

 この可憐な細身のチューリップも、今はたくさん咲き誇ってます!
no title



☆1300年に二人。

吉野 慈眼寺。



大峰

千日回峰行
1000日1日往復48キロメートル、山を登り降りる。

1日16時間。

🍙2個。水1びん。

☆深夜の番組に塩沼さんが出てられました。
世界中のひととコミュニケーションをとるために、その前にこうした経験が必要だと思ったこと。

 できなければ、腹を切る覚悟で挑戦するもので、できると超ポジティブに挑戦したと言います。

 善行善果。悪行悪果。

 ありがとう。はい。単純に必要なことがわかってくるそうです。

 ただ、歩く、走り続ける。

 からだの悪いときも、歩けないときも。

☆私は絵の道に似ているなと思いました。

 兎に角、描き続ける。
 描けないときも、材料のないときも。

 誘惑もあるが、(彼の場合は熊の出現とか)ただ、絵を描き続けていると、見えてくるものがある。

 自然界が助けてくれるのだ。

 お金も材料も体力も与えられる。

 そして、感謝から始まり感謝で終わることを教えてくれる。

☆隣のたかこさんからメール。
28日に来るそうだ。

 たかこさんがいうには、私が庭で描いている姿は踊っているように楽しそうだと言う。

 娘が言うのには、大きなキャンバスの方がうまいとのこと。

☆塩沼さんの話は明るくて単純だった。

 うん。

 絵の道もそうだ。

 ただ描いている時、至福が訪れる!
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments