Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

 このところ電車内で読んでいる!



1929年長野生まれ。
1957年、渡米。

 草間さんはとても行動的だ!
フランスの大統領にも手紙を出したそうだ。

 フランス語を勉強して文化庁の公募に応募するように言われ、アメリカのオキーフの招待状を便りにアメリカ行きに決めたそうだ。

☆1947年生まれの私より18年上。

 松本市長の娘で、仕事は品種改良して苗を全国に売っていた。

 毎日、日本中から送られる札束を段ボールに妹とはだか足で、詰め込めのが仕事だと言うから、大層、お金持ちのお嬢様。

 銀座の柳の並木は、草間さんのお父様の寄付。

☆若冲もたいそう富豪の八百屋問屋の息子。

 この頃、草木を買って思うのだが、絵描きはやはり、お金がかかるとわかった。

 絵の具や紙、キャンバスもかかるが、旅費や絵のモデルになるお花や生き物もそばに引き寄せるのに、お金がかかるのだ。

 チューリップも枯れると、次の花を用意しなければならないし。

☆現代美術の人なら誰でも、草間さんまで行ければと言う。

 世界中の美術館で企画個展。

 出版されてる画集。

 松本では、水玉のバスが走っているし、もう、彼女の名も容姿も作品も大衆は知っている。

 話していることは極めて王道だ。

 平和。

 アジアの誇りとなれる日本に。

1964年 ニューヨークで。

草間さんの志が見える。

育ちもいいのだ。

no title
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments