Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

「うつくしい墓」



 うつくしい墓とはマティスのロザリオの聖堂。

 晩年のマティスとピカソの友情を、若いみなしごの家政婦の目を通して書く。

 実話かどうかはしらないが、マティスの死後、彼女は修道会に入る。

☆1981年だったと思うのだが、夏にマティスのロザリオの聖堂に行った。

☆1986年だったと思うのだが、パリで個展をしたときに来てくれた美術館が7年後に百人一首を買い上げてくれた。

 パリまで持っていくゆとりがなかった私は日本から送った。

其のまま、忘れていた。

 1995年、主人の仕事のため私たち家族はボストンに行き、私は7年住むことになり、再び美術学校で4年学んだ。

 ふと思い出して、パリの百人一首を買い上げてくれた美術館に行った。

 ボストンからパリまで、7時間で行けるのだ。

☆パリ郊外の市立美術館はすっかり様変わりしていた。

 半分は昔からの侯爵様の優美なお城。

 半分は、コンテンポラリーの建築で、4階建ての美術館だった。

 1999年後に、ヨーロッパの優秀な美術館として表彰された。

 アポも取らず行ったが、受付ですぐ4階に案内された。

 私の百人一首は、ガラスケースにはいって、展示されていた。

 同じ部屋には、ダリやドゥ・ビュッフェの作品があった。

 別の部屋には、それぞれ、ロダン、マティス、ドゥ・ビュッフェのコレクションがあり、
近くに住まわれていて、侯爵様が援助をされ作品を買われたと言うことであった。


☆マティスの作品は可能なかぎり、観たいが、私が思い出すのはこの事。

 ロザリオの聖堂に行ったのは、夏の一人旅でお昼には美術館はしまり、2時まで開いてなかった。

 それで庶民的なレストランでお昼を食べ、絵を描いて時間を潰していたのだが、地元のおじさんが自分の顔を描いてくれといい、良く似てるとお昼代金を支払ってくれた。

 不動産屋さんで、海の見える別荘をたくさん扱っていた。

 「将来、山の別荘と海の別荘をもちたいけれど、海の別荘はヴァンスにするわ。芸術村もあるし。」

 「その時は、安くしてあげるよ。」

 31歳くらいで、夢いっぱいの頃の話だ。

☆マティスのロザリオの聖堂は小さいが、ステンドグラスもし祭服も燭台もマティスのデザインだった。

 聖ドミニコが啓示を受けた薔薇の冠、ロザリオの祈り。

 ステンドグラスの色が光を浴び、踊るように床に散りばめられていた。

☆あれから、30年たった。
 山の別荘の方は本宅になった。

 海の別荘の方は未だに実現せず。

 私の教会は蚊帳教会。

 一応、未だ、夢の中。

 このあとに、「タンギーおじさん」のセザンヌにあてた、タンギーの娘の手紙形式の文を読んだ。

 セザンヌは相当、遅咲きらしい。

 タンギーおじさんの画材屋さんは貧しい画家が付けで買うので、お金の代わりに、作品をもらって、ゴッホやゴーギャンやセザンヌの作品がゴロゴロしていたらしい。

 タンギーさん亡きあとに、娘は借金を払うために、その絵を売った。

 セザンヌも借金で絵の具を買っていたのだが、父親の死後、遺産で払い終えたと手紙にはあるが。

☆この間、長野を歩いていたら、People Treeのお店を見つけた。

 フェートレィドのお店。

 そう言えば、ロスアンジェルスに住んでるアメリカ人が、私の詩を友人のやっているPeople
Treeに載せたいと言ったので、いいよと言ったら、本当にnetで流されていた!

☆世界の繋がりは、ある良心があって、芸術家は通底器(アンドレ・ブルトンの言葉)で結ばれている。

芸術って、何はともあれ、最高!



 




 
 
Tags: わた
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments