Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

赤倉温泉!

2時14分の北しなの鉄道で妙高高原へ!

バスが1時間も来ないので、タクシーで行くが、直江津で柔道の試合に出る中学生とお母さんが赤倉のホテルにいくので相席にする。
携帯電話でタクシーを呼びだす。

 私たちは1000円を払うが、彼女たちのホテルは歩いて20メートルぐらい。




113歳の後藤はつのさんの実家の旅館で今年は個展中!

 赤倉ワクイホテルは赤倉ホテルの向かいにありました。

 赤倉ホテルの温泉には入った事があります。

 資料によると後藤はつのさんは長女で末の弟さんがワクイホテルを受け継いだようです。

 7歳のはつのさんは岡倉天心の山荘に妹たちを連れておぼろ豆腐を届けに行ったそうです。

 天心さんはお菓子をくれてはつのさんに絵の心得を教えてくれたようです。












☆六角堂に行く!
歩いてすぐそばにあります。

 天心はこの山荘で亡くなったそうです。

お隣は赤倉ゴルフ場です!
霧がかかり雨が降っていたので山荘に寄るのを忘れました!





バスが来る迄お茶!
雨が降ってます。





 妙高高原から黒姫にいくと、タングラムのバスが来ていたので乗る!

 道の駅に寄る!
 パンを買ったり、お花を観たりしたが、グラジオラスの紫色は無かった!

 


 コテ-ジ迄2キロくらい歩く!
 セブンイレブンでエクレアやハ-ブティーを買う。

 鶏肉のからあげ!
Subscribe

  • 五月病関連読本!のコピーです! 私のテーマの一つは日本の誇り、アジアの和!

    源氏香のカルタを作って見たのだが、紫式部の愛読書が宇津保物語! 本物の芸術の話!そして、大和から遣唐使が難破して運ばれたペルシャの地から、白馬にのせられ、仙人に学んだ中国の七絃の琴(きん)は、ユネスコの世界遺産になりました! 宇津保物語から地震が起きたシーン。…

  • 宇都宮功の本。

    この人の事はまるで知らなかったが、とても成功している画家のようだ。 1945年、盛岡生まれ。 私が1947年生まれなので、かぶっていて時代の流れはよくわかる。 そして、作家やギャラリーの名も知っているので、情報として実によい本だった。…

  • 携帯の調子が悪い!

    木嶋佳苗が獄中で書いたと言う実話。 正直に書かれていると思う。 世の中には悪い人が多いものだ。 若い高校生の彼女を騙した詐欺師や母親の交通事故による脚の切断。 恐ろしくおませな社会との関わり方。 偶然か?祖父の馬の受精やヤマギシ会での牛の受精見学が性への好奇心を育てる。…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments