Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

神様の思し召し!

 イタリア映画は明るくて大人であるがままが格好いい!

エリート医者と過去に窃盗や詐欺で刑務所にいた神父。

エリート医者は美しい妻と優秀な医学生の息子と美しい娘と洗練された暮らし。

美しい娘の夫はいかがわしい不動産屋。

美しい妻は結婚してから輝いてないと不満!

 美しく娘は父親の権力的な上流階級嗜好は7歳の私の音楽強要で傷つけられてきたと批判。

希望の息子の医者は神様の思し召しで聖職者になると言い出す。

 イタリアでもカトリックバチカン市国の大本でも、息子を神様に慶んで差し出せないのが本音。

刑務所帰りのカリスマ神父の悪巧みを暴いて息子の目を覚まそうと企てるパパ!

パパは息子が仮にゲイであっても良いが聖職者になるのは嫌なのだ。

 カリスマ神父に近づく為に医者は嘘をつく。

 自分は職無しで妻は横暴なヒステリーで子供は生まれながらの知的障害、兄弟は身体障害者だと。

そしてわざわざ貧しい家に住んでる知人の家を借り、来たいという神父を招く。

 自分の病院の看護婦を妻役に娘の夫を知的障害者役に知人を足の不自由な兄弟役に、それぞれ一生懸命に役を演じる。

 神父は職の無いという医者を古い教会の修復のペンキ塗りに手伝わせて、貧しい食事を一緒に分け合う。

 バイクで困っている人を助けに駆け回っている神父は医者といろいろ話して、医者は自分の唯物論的な価値や妻や娘の訴えから、反省し修復を試みる。

 娘の好きな音楽を聴き、妻が輝く為にデモに出ている映像をテレビで観て、妻と向き合うために手造りディナーを作ってワインをかわす。

神父はバイクの事故で死んだが、梨が落ちたように神様の思し召しだ。

 息子を恋人とベッドに居るところを観られやはり聖職者の道は自分の道では無かったという。


 1連の騒動で医者は揺らぎ無いエリート医者の自分にかけていた物を見つけ妙な安堵を持つ。

 一切の出来事は神様の思し召し!








Subscribe

  • 3度から14度!晴れ!

    5時20分に起きる!  昨日はうさちゃんのお部屋の掃除をお風呂に入る前にして、湯上がり後、洗濯が終わるまで、うさぎの小屋の前に座って、うさちゃんをずっと観ていた!  うさちゃんは、娘が夕食時にあげた苺の半分を食べて、こまめに床に落ちた菜の花の葉や花を拾い上げ食べていた!…

  • 6度から9度!降水確率80%

    3時半に起きる! 雨が降ってます!  うさちゃんは起きていたので、汚れた三畳絨毯を洗いました!  うさぎ小屋の下に敷いてあったもので、菜の花が乾燥してパラパラと散り緑色に染みているところもあったのでした。  階段のところでパンパンと叩き枯れ草や食べ物の欠片を落とし洗濯機に入れて洗うんです!…

  • 10度から17度!雨!降水確率90%!

    4時に起きる! 8時半に起きる! 昨晩、灯りをつけたまま寝てしまったので、うさちゃんの部屋の掃除を怠ったのですが、うさちゃんのおトイレはキチンとしてました!  うさちゃんは直ぐ駆けつけたのですが、ピントが合ってない! 無人駅「古間」…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments