?

Log in

No account? Create an account
entries friends calendar profile Previous Previous Next Next
天気ではないですか?成人式。 - 縷衣香 NOW!
ruiico
ruiico
天気ではないですか?成人式。
 明日から1週間は雪なので、

 お直しを頼んでいたスカートを引き取りに長野へ。

 娘と11時55分の北しなの鉄道でお出かけ!

るる

 Midoriビルでタイツ2本買う。
 神戸屋パンでコロッケパン。

 ぐるりんバスに乗って昭和通りで降り、スカートのお直しのできあがたものを受け取る。

 裏地も無いスカートなので普段着のゆるりと着れるスカートにして貰った!


 歩いてイト-ヨ-カ堂の5階のポイントシネマズまで。時間はぴったし。

 お皿を戴く。

 パレスチナの映画がメジャーで上映されるようになったのは本当に信じられないくらい画期的なことのようだ。

 撮影はガザ地区でされ、建物は壊れ、音楽好きな子供達に構ってやる余裕はない。

 子供達が拾い集めたくず鉄を売って、古い楽器を買おうとするが、荒んだ大人に殴る蹴るの暴力を受け、お金まで取り上げられてしまう。

 声の綺麗な歌の上手な少年。

 楽器を演奏して弟を叱咤激励する姉。

 少年を囲んで子供達の楽団は結婚式の演奏や音楽好きな人達のために演奏し、世界を変えるために国際的な歌手になりたいという夢を持つ。

 しかし、年子の成熟な姉は腎臓を悪くし、透析か腎臓の移植をするしか命を保つすべは無いと医師から告知される

 腎臓移植のために多額な費用がかかるが、両親にはそのお金を用意できない。

 それで弟は仲間と演奏してお礼を貰いながら、姉の手術代を作ろうとしたが、姉は死んでしまう。
 



 1時25分から、ポイントシネマズでガザのパレスチナキャンプから出てアラブのス-パ-アイドルの実話を映画化したものを観る。









街を歩いていると発見が楽しい!





 5時26分の北しなの鉄道の発車まで一休み。ほうじ茶シュ-クリ-ムをお土産に買う。



 娘と黒姫の喫茶店で合流!
 長い山芋を戴く。

 娘にはジャガイモ、人参、玉葱を頼んだので二人とも重い荷物に、激しい雪が降ってきたのでタクシーで帰る。



Can doで買ったもの!
 上のお皿は、キャンドルを作るお道具!
5つの宝石型のプラスチックは携帯が起動するまでUFOキャッチャーでgetしたもの。

 下のお皿は、娘が持ってきてくれた404のバスボ-ル。私のオレンジのバスボ-ルを交換!


 100円ショップで買ったお花の栄養剤!




⭐福島の自殺が増えている。














 人間は希望が無ければ生きていけない。

 人間は夢が無ければ生きていけない。

 福島の人がようやく自分の家に帰って、そこで観たごみ袋の山。

 放射能で汚染された土のはいっているごみ袋だ。

 耕して、お米をそだて放射能が検出されなくても、誰も買ってくれなかった。

 家族と一緒に暮らしたいが、仕事がなく生活できないので都市に行ってしまった。

 そうして黙って自殺していく人達。

 少ない人数だが、訪問、声かけをして孤立しないように、声をかけ、誘う。

 何かできる事があるのでは無いかと。

⭐ガザ地区にいた歌の上手い少年は、奇跡のようにコンクールでアラブ中のアイドルスターになった。

 ビザ申請もなく、入場券も無く可能性ゼロのところも歌声一つで突破した。

 「世界を変えたい!」と言うパレスチナ難民キャンプの少年の意思が神の御旨に叶っていたのだろう。

 映画の役者より本物の方がイケメンとコメント欄にあったのでパンフレットを見ると、確かに!

⭐奇跡と言うのは、神の御旨であろう。

 私心の欠片もなく、神の為に働きたいというのであれば、岩をも動かす信仰となって奇跡は起きるであろう。

⭐うちのコテ-ジで観られなかったが、インターネットで「海老蔵でございまする」が、you tubeで観れたので観た。

 実際には、私は福島の名も無く絶望して静に死んでいった自殺のドキュメントを観ていた。

 関心の的は、麻央夫人の病院でのインタビュ-で、美しく、可愛らしい声や闘病中の病室で黒の服は、煌びやかな海老蔵の国際的な活躍と対比を見せ、ドラマティックであった。

 可愛らしい盛りの男女の子供も、お披露目。

 ドバイやニュ-ヨ-クでの海老蔵の舞台。

 伝統と挑戦と血筋や容姿や甲高い声さえも恵まれたもの。

 そこに運命的に嫁がれた、やはり非の打ち所のない聡明で美貌の妻。

 誰にでも届くようなものでは無い最上位の暮らしや存在意義。

 麻央夫人の癌がプログのお陰で厳しいものだと公に知れるものとなり、連日、テレビのニュ-スになっているという(コテ-ジのテレビには映らない)。

 福島、ガザ、麻央夫人の癌。

 今日の組み合わせカ-ド。

福島、ガザ地区では実際に人が亡くなっている。

 それぞれの名の無い人にもドラマがある。

 麻央夫人が注目されるのも仕事がら仕方が無いところもある。

 家族4人が見目麗しいのも職業柄必要不可欠な遺伝子なのだ。

 麻央夫人は治ったら、同じ病の人を救いたいと海老蔵には言っていたそうで、テレビでは海老蔵のために生きる時間がほしいといい、今日のブログでは、子供達のお稽古に付き添うことや歌舞伎客にご挨拶したいと書かれていた。

 どれも本音だろう。

⭐ガザ地区の歌の上手い少年が、パレスチナキャンプから出て、豊かな暮らしがしたいと願ったら、奇跡は起きたのか?

 福島の自殺の人達も、もう取り戻せ無い家族や畑や家に生きる希望を失ったのだ。

 ガザ地区の少年が「夢が無ければ生きていけない」と言う。

 それが、映画のテ-マだった。

⭐我々の時代のテ-マは同じ方向を向いているのだ。

 皆が幸福である社会をどう作るか?

 私は観た。

 ドイツのフランクフルトの空港近くに電車を乗り間違えて観た難民の貧しい暮らしを。

 娘と新幹線で潤っている観光金沢の直ぐ裏にある貧しい地域。

 もはや、ヨ-ロッパの主なる都市はテロの標的になっているので、危険な場所となった。

 命を捨てても、既成の繁栄都市を潰したい多くの民が同時にいる地球の運命共同体。

 私達が学ぶことは、他者のこと。

 そして、生きる希望を与える努力。

 誰にでもだ。

 
コメントの送信