Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

晴れですか?月日の経つのにも意味が有る。









 2008年、7月1日、阿蘇の正木高志先生のアンナプルナ農園に行ったらしい。

軽井沢のド-ムパラダイスのあとに、蚊帳教会の吊る木を見に行ったのだったが。

 前後して熊本城、高千穂峡を訪れ車を出してくれた浄化塾の入谷さんが、私の持っていたものを預かってくれていたまま福岡での退職のためお部屋を整理していたら出てきたらしい。

 この日を観るため、阿蘇と正木高志先生を検索すると自分のプログが出てきて、六ヶ所村で609のタクシーに乗り同じ符合が阿蘇でも有ったと書いているのだが、私は今69歳、この年まで封印されていたのはわけがあったのか?

高千穂峡の天岩戸の話から、岩戸が飛んで戸隠に落ち、そこから少し離れた野尻の神山に居を構えたのも天の計らいか?

10年も経ったのだった。

 熊本城も震災にであい、阿蘇の農園はどうなったか横切ったのであった。



Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments