?

Log in

No account? Create an account
entries friends calendar profile Previous Previous Next Next
雨! 午後は晴れた! - 縷衣香 NOW!
ruiico
ruiico
雨! 午後は晴れた!


 左側の白い花の茎はアクリルで緑に塗ったのだが、この緑は雨に降られて落ちている!

 チューリップが咲いたら、庭にキャンバスを出して一気に描く予定なのだ!
枯れてるチューリップは四本100円で買った切り花!


 雪で鉄片が数か所折れているテーブルだが、紐でなんとか括り、強度ボンドで固定したが、かなりの強風でも倒れなかったから、まずまず最低限の修復はできた様だ!

☆ちくま文庫になったこの本を今朝ようやく読み終える!
 末井さんは私とほぼ同世代で、デザインスクールに行ったり、レタリングの通信教育を受けたり、看板やキャバレーのポスターチラシを作って食べてたりで、同じ頃デザイン科の学生だった私には時代が見える。

 あの頃の横尾忠則の登場の衝撃も凄かったし、レタリングの技術やポスター制作を大学で教えるのがデザイン科だった。

 あの頃はバブルの只中でハレンチという言葉があって、スカートめくりの漫画や生々しいエロスが数か所上辺だけのこぎれいな生活の嘘を暴くような底辺からの訴えがエネルギーがあって実に面白かったのだ!

 今、思うと取っておけばよかったが横尾忠則から年賀状も貰った。戌年で手の影絵が犬を作っている横尾忠則の絵の印刷だった。
 
 末井さんが友人とデザインのことを熱く語るのもわかる私も家業の打ち放しのゴルフ練習場の値段表を父からレタリングで書くように言われたと時に(私のデザイン哲学の趣旨と合わないからしない!)と言って父から看板で頭をはたかれたものだ!父には家業に協力しないと烈火されたものだ。

 企業の言いなりになってはいけないと商業デザイナーが主張しだし、お金儲けの仕事のように見えて、体を張って抗議をする英雄が現れたのだ!

 エロ写真雑誌の編集長になって素人の若い女性を脱がす時にアラーキーと一緒に芸術と説得すると魔法のように女の子達が脱ぐのも、どこが嘘くさい現実を揶揄して面白かった!

 今、連日のように教育関係者が子供や女子学生のスカートの中を携帯で撮影したり覗いたりして事件になっているのを思うと発禁になった猥褻本を自宅で楽しみ公的には節度を保つほうがより良いと思えるのだが!

 高卒で工場に働いてその作業から脱出すべき手に職を求めエロスに活路をみた筆者は生きる力の強い人で肺結核の死病で隣の10歳若い男とダイナマイト自殺をした母の生命をいただいているようだ!







 駅前の廃校になった小学校の桜が咲いている!






 りんごの花が!






☆7時38分の北しなの鉄道で帰る予定。
メレンゲの形のバスソルト!

一角獣はノアの箱舟にいれていただけなかったのに、虹の前のつがい!



☆娘が作ってくれたカレーの夕飯!
ハ-ブがたくさん入っているとのこと!

少し寝たようだ!
コメントの送信