?

Log in

No account? Create an account
entries friends calendar profile Previous Previous Next Next
晴れが続いてます! - 縷衣香 NOW!
ruiico
ruiico
晴れが続いてます!
藤田には美運がつきまとう。

 日本では、戦争画を描いた戦犯として潰されそうになるが、アメリカ人のコレクターが助けてくれ、アメリカに向かう。

 驚いたのには、既に名をなしている日系画家たちが、藤田がきたら自分達がかすむと妨害し、藤田はアメリカに長居はせずフランスに向かう。

 最後の奥さんの君江さんは一ヶ月後に日本を発つもののパリに落ち着くまでは大変だっだろう。

 81歳でスイスの病院でくなるまではカトリックの洗礼を受け、フランス国籍持つようになった。

 ランスの平和の礼拝堂。

 最後のアトリエ。

 機会があったら観たいものだ。








7時朝ご飯!










 娘と上田に行く約束をしていたが、10時に呼びに行くと行かないと言うので、私は3時半に起きてしまったので、ゴミを出したりしてお昼寝をした!

 起きたら2時!
 娘から1時20分くらいから携帯履歴を見ると三度電話があったようだ。

 幸い外出用に着替えて寝たので直ぐにコテ─ジを出て2時42分のシャトルバスに間に合った!

 3時4分の北しなの鉄道に乗れた!
 やはり一日5時間は寝ないと!

 3時45分から!

 何となく観たい!

 ピーチジュ─ス!


☆3.11は我が家ではまだ引きずっている。










19時38分発 北しなの鉄道。
待ち時間が長すぎたが。

重い荷物だが、時間が遅いので黒姫駅に降りた。階段を両肩に荷物をかけ、傘と折り畳みカ─トを左手に持ち、用心のため手すりを伝わりながら階段を上り下りしていると、さりげなく若い女性がカ─トを引きずらないように先を持ってくれたり、外人男性がヒョイとカ─トを手に持って階段を降りてくれた。

 タクシー乗り場では、若い中国人のグループが待っていたが、40分に予約が入っているので遠くは無理だと近い私のコテ─ジをよく知っているので先に乗せてくれた。

 中国人たちには、タクシーの電話番号と比較的、直ぐ来ることなど話し、中国語も少し使ったので快く、先に乗れた。

 人の善意に助けてられて日々生きているのだ。

 今日の映画は被災の傷をそれぞれもちながらも、皆が小さな普遍的な心がけを持ち、世界の正しいあり方を実現するために前に向かうしかないという生きる問いかけなのだ。

 今日のテ─マは、藤田の一人勝ちやカザフスタンのフイギアの選手の殺害に思う格差についてだ。

 藤田は絵描きとして正しいが、それでも色褪せてしまう周りの画家たちの弱さを慈しむ気持ちがあったなら、生きやすかったかもしれない。

 フイギアの選手はカザフスタンでは誰もが知っている成功者であり国民的スターだが、高級者のミラーを外す二人組が正論を聞き入れてはくれる可能性は極めて低いので、ミラーの二倍程のお金をあげたら、気持ちよく去っていったかもしれない。

 腿をナイフでズタズタにされたと言うから、命が助かってもスケートはできなくなったかもしれない。

 世界中、貧富や才能格差で憎しみや妬みから人類は幸福になれない。

 皆が幸せにというのは理想だが、実際にやはり手はあると思うのだ。

 日本を覆う自然の驚異。

 熱中症で亡くなるのは老人だけでなく子供も校庭に亡くなり、中学生も道を走っていて死んでしまう。

 地震のなかったところに地震が起き、天気県に豪雨が降り、大事な人の命や家を失ってしまう。

☆夕食!
 娘が作った冷やし中華!
 黄色いトマトは自家製!





 靴下6足買う!
東急百貨店で恒例のセ─ルで1000円。
コメントの送信