Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

雲っているが。雨になった!

 夕べは、スペイン王室のカルロス4世を少し読んで寝たのであった。
15373996112151409369396.jpg
15373997230491842168274.jpg



 スペインは国の事情でスペイン国内の画家を雇用。

 そして、ゴヤが生まれた。

 悪名高い王妃は、若いゴドイを愛人として取り立て宰相にした。



 それだけ王が愚鈍だったたからで、王妃は10回以上子供を産み、男子はよく亡なったが、ゴヤの名画の中に描かれた6人の子は育っている。



 ゴドイがゴヤに注文した絵。
絵のモデルとくらし、84歳まて生きたそうだ。晩年はパリで暮らす。


 王と王妃はナポレオンに呼び出され、スペイン王座をナポレオン兄に譲り、100人ほどの家族召使いと共に宝石等持って、マルセイユをイタリアのローマまで亡命し、バルベリーニ宮殿に落ち着いた。

 フランスではルイ16世とマリーアントワネットが処刑されたことを思うと、スペイン国室は幸せだった気がする。

 ゴドイも宰相として評価された。

 悪評判の王妃は子供をたくさん産み、王は狩りに夢中で浮気を疑うことなく存在していたのだが、若い愛人を宰相にして国の為になったようだし、ゴヤを育て立派な画家として作品を書かせたのだから、悲劇のフランスの王と王妃のギロチンと思うと、それぞれが寿命を生きそれなりの暮らしをしたのだから、賢い王妃だったのかもしれない。


❇宅配便が来た!
佐川急便が9時に来た!
2階で読書してたので降りて行って窓越しに土に置いて貰った。
階段から降ろすのには重そうなので!


 朝はまだ雨が降ってないので今のうちにお花の写真を!

 納豆と梅干ししかなかったので、今日は買い物に行かないと!












❇長野20度なので半袖カ-ディガンと長袖カ-ディガン2枚をバッグに詰めました!

❇早めに黒姫駅に着いたので、雑誌二冊買ったあとに温かいコ-ヒ-を。

❇買う物がいっぱい!
東急でブレッド展が!


 2時にお昼!
15374203872761264949022.jpg





 3時12分の北しなの鉄道に乗る!

❇御手洗とATMを借りたので、お礼に女性週刊誌を買ったのだが。

「女性セブン」は、美術館の情報をたくさん出しているので、びっくり!

 「青い日記帳」と言うブログは美術館のレストランなど調べ尽くしてるらしい。





❇激しい雨の中、あまりにも荷物が重いのでタクシーで帰ったが、ブレッドとケ-キをたくさん買ったので、娘のところに行って半分渡した!

 温かいお茶とサンドイッチを食べていると、中国で一番収入の多い女優さんが行方不明になっているという。

 美しい顔に17億の保険がかけられ、年収45億円くらいあるそうだ。



 則天武后とか楊貴妃の役もして、ビデオでも観れる!

 脱税のため隠れているとか?

❇娘がジンギスカンとかでラム肉の料理を作ってきてくれたが、まだ胃袋準備ができてないので、お腹が減るまで待ちましょう!

 今日は長野で20度で、コテ-ジに帰ってきたら寒い。とうとう長袖セ-タ-を着ている始末。

❇読書の続き。


 王と王妃に気にいれられたゴヤは大作を描くチャンスを与えられる。


 王妃の左右の子供は浮気相手のゴドイとの子と言われ、14番の左から2人目はゴヤ自身とある。



❇雨が降っている。  
 13度。


 どの部屋も手狭になってきました!

 1階においてあったキャンバスは2階に全部運びました!細部の直しとキャンバスに花粉など貼りついているので、少しずつ取り除きます。

 油絵は乾くのに時間がかかるので来春までかかるでしょう!









❇夕飯!
ようやく、お腹が減ってきました!
甘くて美味しい!
ラム肉って久しぶりです!
半分の残りは明日の朝にいただきます!


❇今日、ロクシタンに尋ねたらもう店舗ではバスソルトは売ってないようだ!

 とっても素敵な香りなのよ!






 
Subscribe

  • 五月病関連読本!のコピーです! 私のテーマの一つは日本の誇り、アジアの和!

    源氏香のカルタを作って見たのだが、紫式部の愛読書が宇津保物語! 本物の芸術の話!そして、大和から遣唐使が難破して運ばれたペルシャの地から、白馬にのせられ、仙人に学んだ中国の七絃の琴(きん)は、ユネスコの世界遺産になりました! 宇津保物語から地震が起きたシーン。…

  • 宇都宮功の本。

    この人の事はまるで知らなかったが、とても成功している画家のようだ。 1945年、盛岡生まれ。 私が1947年生まれなので、かぶっていて時代の流れはよくわかる。 そして、作家やギャラリーの名も知っているので、情報として実によい本だった。…

  • 携帯の調子が悪い!

    木嶋佳苗が獄中で書いたと言う実話。 正直に書かれていると思う。 世の中には悪い人が多いものだ。 若い高校生の彼女を騙した詐欺師や母親の交通事故による脚の切断。 恐ろしくおませな社会との関わり方。 偶然か?祖父の馬の受精やヤマギシ会での牛の受精見学が性への好奇心を育てる。…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments