?

Log in

No account? Create an account
entries friends calendar profile Previous Previous Next Next
ムンク!!!その3。 - 縷衣香 NOW!
ruiico
ruiico
ムンク!!!その3。
フリードリヒ・ニ-チェ
ムンクが精神的にも肉体的にも危機的状況にいた時に心の平安を求めて描いた!



ハンス・イェ-ガ-
神と既成の道徳を認めず、性の自由を提唱するクリスチャニア・ボへ-ム運動のリ-ダ-
































 ここで、力尽き電気を付けっぱなしで寝てしまった!

 ムンクは家族の死の体験から、精神を病む苦しみが多かった。

 ムンクの父は医師。

 ムンクは生涯独身で、結婚を望む女性を苦しめたが、性に対してはフリーセックスというか、友達と女性をシェアしていたことも!

 何はともあれ。

 ムンクの作品は好きだ。

 緩やかな曲線に彼の痛みも苦しみも哀しみも野心も託されて、ノルウェーの空は暗いようだが、白夜の森の憂鬱も美しい。

 色も素敵だ。 

 洗練。

 そして、人物のデホォルメが漫画的で、新しい。

 ムンクは好きだ。(彼は作品は人生だと言っている)

 彼は人を差別しなかったと言う。

 労働者へのリスペクトも。

 彼は健康や太陽への渇望があった人であった。

 30歳で亡くなった母。

 父の祈る姿。

 兄弟姉妹の死。

 そして、子供の頃からの生死の狭間の自分。
コメントの送信