?

Log in

No account? Create an account
entries friends calendar profile Previous Previous Next Next
晴れ!13度から19度!夜は10度!お買い物バスの日! - 縷衣香 NOW!
ruiico
ruiico
晴れ!13度から19度!夜は10度!お買い物バスの日!
 寒く感じます。


 
 9時にヤマト運輸が薪を3箱持ってきてくれた!


 10時10分のお買い物バスに娘も乗って出かける。






 古間駅に向かい北しなの鉄道に乗る。









 びっくり!
ガス代金を、振り込まなければ止めるという。
 すぐ電話をしたら、折り返し電話をくれてやはりガス代金が支払われてないというのだ!

 銀行口座を訊いて直ぐ振り込むことに!

 請求書入りの郵便物が届かなかったことだ!

 困る!

 前にも選挙の投票用紙が届かなかったことも。



❇名古屋のボストン美術館別館が今日、閉鎖に!

 毎年5億の赤字!
 ボストン美術館には毎年1億5000万円送金していた。


❇北長野のロ-ソンでガス代金を送金する。

 高橋額縁吉田店まで徒歩17分と出たので。
歩く。












❇山田電気の2階で!

 昔懐かしいナポリタン!


6106歩!

山田電気で買い物をして。




バスで三歳駅に!
アクリル絵の具が相当重いのでまっすぐ帰る!



❇三歳駅は、七五三の三歳の子供がよく駅で写真を撮影してます。

 今日は連休なので、かわいい三歳の子供がたくさんいました!記念撮影すると、風船などプレゼントされるようです。




6657歩!
4時頃帰宅しました。
5時まで休んで着替えて七時半までワ-ク。














 娘が買ってきてくれたお米!


❇マツユキソウはスノードロップと言う。

 雪の中から、真っ白なマツユキソウがどの春の花よりも先に咲く。

 「森は生きている」の継子が女王様の命で継おっかさんと継子姉さんの欲望で、まだ咲いてない12月にロシアの森にマツユキソウを取りに行かされるのだが、宇宙の真理には、不可能はないので、継娘は籠一杯のマツユキソウを摘んで帰ってきたのだ!

 原題は「12月」。
 お話は知っていたが、マツユキソウに関してはどんな花だかは知らなかった。

 絵本の多くは、マツユキソウの花とは大分違う絵が描かれている。

 私も、長野の庭に球根植えるようになるまでは、スノードロップと言う名を使っていたし、3月の終わり頃漸く厳しい雪が緩み始めて、雪をどかすと土のなかから白く可憐なスノードロップが頭を出すと、なんとも幸せな気持がして、水仙、ヒヤシンス、チュ-リップと続く春の庭に日々、感動するのだ。

 スノードロップがマツユキソウだった。

 わがままな女王様は命令することしか知らない。

 物を頼むのに、お願いをどうするか誰も教えてくれなかった。

 継おっかさんと継姉さんは欲望のために動物になってまう。

 人間は動物とは違って、欲望のために他人を蔑ろにしたときに、人間でなくなる。















 美味しい鍋料理!

コメントの送信