Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

寒い!朝6時頃起きましたが、体が動かない!


 昨日の残り!

 お茶タイム!
 昨日、娘が持ってきたラ・フランスが食べ頃!









❇読書!
 you tubeで音を聴いたとき、感じるものがあったので。

 1976年生まれ。
 お母さんが声楽家でピアノのレッスンで生計を立てていて、ゆりかごの時からピアノと声楽を聴いて育った。

 お父さんは日本画家だが、宮本登美子の蔵の挿絵で有名になりフランスのロスチャイルドにはたくさん作品が売れたとのことなので、国際的に評価されている。

 智内威夫さんは子供の頃から、かなりピアノの英才教育を受けたようだ。

 家族の価値観は芸術家として困難に打ち勝つ強い意思を育てると言うことだが、威夫さんは目が乱視と遠視だったり、自分のことを主張しない性格で、自分の精神のコントロールはできていて、朝の4時から3時間をピアノ練習にあて、放課後は子供達と普通に遊んでいたという。

 音大付属から外国の大学を求めて、イタリア、オーストリア等でレッスン受けるが、最終的にドイツのハノ-ファ-音大入学。

 留学中に局所性ジストニアを発症。右手が動かなくなる。

 左手だけで演奏するビアニストは結構多く、館野泉さんも芸大首席の有名ビアニストだが、今は両手では弾けず、左手の演奏家として活躍している。

 威夫さんは、この11月に大阪で世界初の左手のピアニストのプロ、アマのコンクールを主催したのだそうだ。

 結婚もして、長い闘いに一つの結果を出せたのだろう。

 ドキュメンタリー番組もあって、声楽家のお母さんが父親の不毛時代も威夫さんの留学費もピアノのレッスンで支えたのだそうだ。

 月、10万円の送金と言っていたが、芸術はお金がかかるが、父親の母親は子沢山ながら、海で夫が亡くなりヨイトマケのような仕事をして子供達を育ててきたが、息子の一人が芸術をやりたいと言った時も稼げと言わず、支え、芸大の大学院まで学ぶことができたから家族の生き方のうちに好きなことをきわめるというのが、しっかり息づいているのだろう。



 美味しい!

Subscribe

  • 五月病関連読本!のコピーです! 私のテーマの一つは日本の誇り、アジアの和!

    源氏香のカルタを作って見たのだが、紫式部の愛読書が宇津保物語! 本物の芸術の話!そして、大和から遣唐使が難破して運ばれたペルシャの地から、白馬にのせられ、仙人に学んだ中国の七絃の琴(きん)は、ユネスコの世界遺産になりました! 宇津保物語から地震が起きたシーン。…

  • 宇都宮功の本。

    この人の事はまるで知らなかったが、とても成功している画家のようだ。 1945年、盛岡生まれ。 私が1947年生まれなので、かぶっていて時代の流れはよくわかる。 そして、作家やギャラリーの名も知っているので、情報として実によい本だった。…

  • 携帯の調子が悪い!

    木嶋佳苗が獄中で書いたと言う実話。 正直に書かれていると思う。 世の中には悪い人が多いものだ。 若い高校生の彼女を騙した詐欺師や母親の交通事故による脚の切断。 恐ろしくおませな社会との関わり方。 偶然か?祖父の馬の受精やヤマギシ会での牛の受精見学が性への好奇心を育てる。…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments