Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

今日は暖かいらしい!


 明けの明星!

 1階もお風呂にお湯を入れる前だったので、電気を付けっぱなしのままだった!


 ヘア・ダイと入浴をするために!


🌠

一昨日観た「グッバイ・ゴダ-ル」は、二番目の奥さんのアンヌ・ヴィアゼムスキ-自叙伝原作にした映画。ノーベル文学賞作家の孫で、ロシアからの亡命者の両親とフランスに住みソルボンヌの哲学専攻の19歳の学生であり、ゴダルの妻、彼の映画「中国女」の主役を演じたが、昨年70歳で亡くなっているとか。

 60年代のフレンチカルチャー。

 1968年の五月革命。
 権威を壊す。
 リボリューション。
 毛沢東主義。
 大学紛争。

 アンヌのファッションは当時の流行か?

 演じた女優のスリムの体系で日常に穿くミニスカートが軽く可愛い。

 19歳なら似合わないはずはないが、MiuMiuフレグランスの広告塔を務めるファッショニスタ、ステイシー・マ-ティン!
とても似合っていて、裕福な出のお嬢様ファッションだから、どのお洋服もカジュワルながら品がいい。


 靴下についていた石が落ちた!


🌠ヌ-ヴェル・ヴァ-グ。
新しい波。

同じ日に観たドキュメンタリ-・シネマ「Visages Villges」のアニエス(撮影当時88歳。現在90歳。)が最後にゴダ-ルにアポイントメントを取っていて自宅を訪ねすっぽかされてしまうのだが、ゴダ-ルらしい感じがした。
🌠
🌠お風呂!
🌠朝ごはん!


 この絵はよく描けてますね。



🌠









🌠良寛さん!


Subscribe

  • 五月病関連読本!のコピーです! 私のテーマの一つは日本の誇り、アジアの和!

    源氏香のカルタを作って見たのだが、紫式部の愛読書が宇津保物語! 本物の芸術の話!そして、大和から遣唐使が難破して運ばれたペルシャの地から、白馬にのせられ、仙人に学んだ中国の七絃の琴(きん)は、ユネスコの世界遺産になりました! 宇津保物語から地震が起きたシーン。…

  • 宇都宮功の本。

    この人の事はまるで知らなかったが、とても成功している画家のようだ。 1945年、盛岡生まれ。 私が1947年生まれなので、かぶっていて時代の流れはよくわかる。 そして、作家やギャラリーの名も知っているので、情報として実によい本だった。…

  • 携帯の調子が悪い!

    木嶋佳苗が獄中で書いたと言う実話。 正直に書かれていると思う。 世の中には悪い人が多いものだ。 若い高校生の彼女を騙した詐欺師や母親の交通事故による脚の切断。 恐ろしくおませな社会との関わり方。 偶然か?祖父の馬の受精やヤマギシ会での牛の受精見学が性への好奇心を育てる。…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments