?

Log in

No account? Create an account
entries friends calendar profile Previous Previous Next Next
和材料を買いに! - 縷衣香 NOW!
ruiico
ruiico
和材料を買いに!




 写真撮影しませんでしたが、コテ-ジの庭は雪で真っ白です。
 ゴミ出しやお花の避難で忙しかったのです。

❇「大人の休日パス」は年に3回、比較的電車の空いてる時期に、東日本や北海道を、4日間か5日間の間、特別安くJRに乗れる「大人の休日」クラブ会員向けのサ-ヴィスです。
 男性65歳以上
 女性60歳以上
 いつもは3割引き。
 パスは期間中は、特定の支払いをすれば乗り放題。


❇若い時によく買った
和画材店は検索すれば、ずいぶん移動したり消えているのです。

 新宿地下のルミネにあった丹青堂は御徒町のアメ横に移動。大阪に本店があり、名古屋には新しくお店が開店したとか。

 「鳩居堂」さんはそのまま。

 「はいばら」は日本橋。

❇「あさま」にギリギリ間に合う。
「改札も切符を持っているのなら、走って!」とパスを見もせず。


 懐かしい!
 ゴダ-ルの映画のプログラムに、横尾忠則が既成のデザインを壊したように、ゴダ-ルの映画は既成の映画を壊したと書かれてあった。

 横尾忠則さんは、本は本棚に飾るために買うと言っていた。

 私は当時、女子美術の産業デザイン科のグラフィック専攻の学生で、デザイン学生連合のメンバ一で、私は宇野亜喜良にも横尾忠則にも草月で発表したと思われるアニメーションを大学で発表したいと、講演ゼミナール委員だった私は借りに行ったのであった! 

 宇野亜喜良のスタジオに深紅のバラを一束をお礼に、白スタジオだったが、もしかしたら、銀座の「イルフィル」だったのかもしれない。翌年は犬年だったらしく横尾忠則の指で犬の影絵を描いた年賀状がきた!(何処に行っちゃったのかな?)

 兎に角、私の青春は面白かった。銀座の有楽町地下街に宝くじ売り場があって、横尾忠則がペンキで壁に絵を描いていた。

 デザイン学生だから知っていたけれど、一般的には未だ有名ではなかった。

 私は小さな英語の教科書に草緑の模造紙のカバ-をかけていて、横尾さんにサインしてもらたのだが、紅いマジックペンで横顔の女の人を描いて、開いてる👄からTadanori Yokooと名前が出てくるイラストを描いてくれた。




 しかし、その前に週刊誌の「女性自身」に、三島由紀夫の「私の手紙」と言う開きペ)ジがあって、小さな挿絵を横尾忠則が描いていたのであるが、私はハッキリとわかったのである。この人の時代が来ると。







 豆画帖は扱ってないとか!
 上野御徒町駅から東京駅まで。
「はいばら」へ!




「はいばら」の店舗。

「はいばら」の新製品の開発技には驚くばかり。
 巻紙と筆と小箱を買いました。

 「五雲箋」も素敵です。




コメントの送信