Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

今日は雪。仙台で苛めで小学2年生の子供と母親が無理心中。

 昨日のおのこだが、美味しそう!
 娘がチンゲンツァイを二束50円で買ってきたのだが、美味しかった!

 新井のス-パ-まで行ってダイソーのハンガーを沢山買ってきたそうだ!地下から父親の使っていた衣装掛けを探しだし、衣類を全部吊すことにしたそうで、部屋が狭くなったと言うが、吊すとアイロンかけの効果と何を持っているかわかるのでコ-ディネイトが楽なので薦めておいた!


 朝起きると、洗濯物を干しスト-ブに薪をくべ火をつけるがそこまでが大変!

 斜めに雪が降っているから風もある。
吹雪の天気予報も!


 毎日、チョコチョコ読んでます!


 🌠内田也哉子さんの喪主代理の挨拶が素晴らしく、文章力のある方なのだと思った。

 樹木希林さんは、30歳の時に内田裕也さんとの結婚して1年ばかりの頃、裕也さんのロンドンのホテルからの手紙を保管していた。

 裕也さんの手紙には、離れている現状にこんど二人で来ようとラブコ-ルとギャンブルと借金払ってくれた樹木希林さん(当時は悠木千帆さん)に自分の経済力のなさを詫びてもいる。

 樹木希林さんは2度目の結婚で借金を返してあげるから結婚してと言ったらしい。

 それから、38歳の時には内田裕也さんから、勝手に離婚届けを出されたが樹木希林さんは離婚無効の訴訟を起こし裁判で勝訴。

 也哉子さんの喪主代理の挨拶によれば19年間、実質母子家庭だったという。

 有名人の家庭で父親のハワイの不倫がテレビや雑誌で報道されると、也哉子さんは一筋の涙を流し、母親に不快を訴えるとものの5分くらいで食事を続ける性格で、也哉子さんはぐれるわけでもなく、母親ご希望で内田家を継いでくれる立派な夫と結婚し、見事な母親の終焉を見送った。

 樹木希林の映画は、「東京タワー」「そして父になる」「駆け込み女と駆け出し男」「あん」「人生フルーツ」「モリのいる場所で」「万引き家族」「日々是好日」と観た。

 71歳の私は75歳で亡くなった樹木希林さんが「悠木千帆」の前の芸名をテレビのオ-クションで売って、樹木希林さんになったのを観ていて、思い切ったことをなさる方だなと思ったものだ。

 それより、感心したのは収入のない夫に生活費を出しながら、代官山に豪邸を建て費用のかかるインターナショナルスクールに子供を通わせ、時には公立に通わせ日本語教育をも怠らず、スイスに留学させてインターナショナルへの道を切り開いていたことだ。

 その費用を「寺内貫太郎一家」の30歳のお婆さん役などで稼ぎだしたのかと思うと、凄すぎて驚く。

 乳癌、片目失明、全身癌埜中を最期まで現役でお孫さん3人で、「東京タワー」にも「あん」にも、お孫さんを出演させていながら、今年放映される映画2本。

 最期に愛人と暮らしながら、「見事な女性」とコメントを出した夫もなかなか賢い。

 私達大衆は、「樹木希林劇場」でも観てるかのように新聞の広告や娘婿、孫までの活躍にハッピーエンドの物語を楽しんだのだ。

 彼女は、癌になったときに自分の生き方、性格を反省して改善に努めた。

 それで片目失明のほうはぼんやりだが、見えるようになったという。

 病気になったひとは、多く病気になって良かったという。

 自分の欠けていたものが見えるようになるそうだ。

 若い時の悠木千帆さんは、嫌な性格だったと自分で言う。

 晩年の樹木希林さんは自分は質素に人の貰いものをきても、無料で講演に行き、自分の助けを求める人に温かい手紙を書き、浅田美代子さんには本物の役者になるべく夢を叶える為に知り合いの監督を呼び出し、出演の映画を作らせた。

 それだけの力を持っていたのだ。

 75歳までにそう生きてきたのだ。

 希林さんの目は片方止まって見える。
普通の人ならハンディで決して映画にアップで撮影される状態でないが、樹木希林さんはもうそんなレベルは超えてしまった。

 日本の茶道の「日日是好日」もヒットして未だ観れる。「万引き家族」とは違う上品なお茶の先生の役だ。

 この撮影使った家は、希林さんの妹さんの嫁ぎ先の屋敷で、撮影のために仏壇以外はずいぶん改築したという。

 妹さんは琵琶の演奏者で、希林さんから和服や和服をリフォ-ムした洋服を形見貰ったと言う。

 お父様は刑事さんで、琵琶奏者になってからは母親が神田の神保町で喫茶店をやり家計補っていたそうで、希林さんも男の好きなことをやらせるために働くのはむしろ喜びだったのだろう。



🌠


 練乳のアイスが美味しい!







🌠



 このところお風呂のあとはボフェミアンラプソディー歌う世界中の素人の歌や演奏を聴いているのだけれど、子供たちのも楽しく上手いのよね。

 ハンバ-グとハプリカ詰め、ピ-マン詰めは二人で。
 娘がコ-スロ-を作ってきた!






🌠
 苛めで子供(3歳)が、首を絞められたり馬乗りになって男の子がブリキの玩具で頭を殴るのを観て、注意したところ苛めっ子の母親からの3時間に渡る恐喝電話で、私は恐怖でそれからⅠ年半に渡り歩けなくなったことがある。

 子供に訊くとお弁当にウーロン茶をかけられ食べれなくされたり、先生が男の子を縛って和室に入れていたという。

 先生は「辞める。」と報告した私に、他言しないように口を封じた。

 それは、3年保育の6月のことで4月に30万円の入学金払ったばかりだったが、殺されるよりは良いと思ったのだ。

 半年して娘は4月から始まる2年保育の教会附属の2年保育の幼稚園に、歩けなくなった母親の私の代わりに朝は主人、帰りは実家の母親が迎えに行き、苛めのない保育を受けた。

 真子様も佳子様もその苛めを黙らせてた幼稚園に通った。

 同学年の母親から年賀状を捨てられたときいた。

 子供が暴力にあえば、母親は辛い。しかし、幼稚園内のことは教育に任せたい。

 幼稚園の園長先生は、そんなに心配なら毎日、教室の後ろで見張ってろと倒れて歩けなくなった母親に言う。

 夏休みに自宅で、その男の子は便器で暴れ複雑骨折して幼稚園に来れなくなったから「来い。」と秋になって電話をかけてきた。

 鈍感な私は気がつかなかった。既にその男の子に被害に遭った男の子達は2年保育の名門幼稚園に脱出していて、ターゲットが女の子になったのだ。(1学年に10人しかいない)

 こう言う時に母親は自分を責めるのだ。
申し訳ない。娘に嫌な思いをさせてしまった。

 子供を抱きしめ不甲斐ない母親でごめんなさいと泣いたものだ。

 実家の母親からは、付け届けが足りなかったのではないかと叱られた。

 私は姑に強制されてその幼稚園に通わせたが、自分の従順さに腹が立つばかりだ。

 モンテッソーリの教育が!

 愛育病院に相談してくれた人がいて、その園長を辞めさせろと言っていたというが。

 真子様や佳子様は何をしても責められないことを学んだかもしれない。

 黙らせる世界がある。

 まともな優しさを持った母親は、子供を守るために転園もさせるし、沈黙を強いられれば病むように人間の体はできている。

 雅子様が愛子様を護るために学習院小学校に毎日通ったのも、精神も病んだのも当たり前だ。

 公に加害者の批判ができないお立場であるし、学習院小学校から転校はできなかったであろう。
 
 苛めを無くす個々の闘いもある。

 南平台の教会のガ-ル・スカウトに娘が通ってた小学校3年くらいの頃、その無認可のモンテッソーリ幼稚園に子供を通わせている母がいて、学年は1学年上で私は存知あげなかったが、その母親は知っていたようだ。

 彼女は私たち母子を観て感じる事があったらしい。

彼女はその無認可の幼稚園の園長と聖心の同級生で、ある日ランチに誘われた時に「あなた、ルイコさん母子に酷いことしたのね。あなたがルイコさんの子供に謝らなければ私はあなたとランチは食べない。」と言ったのだと言う。

 実際に、私の友人の河原ノリエさん(彼女は娘と同学年の子供と真子様同学年の子供をその幼稚園に通わせていた)を通して電話があって、引っ越しした幼稚園にノリエさんの同学年の娘さん(娘の親友だった)と一緒に遊びに来て下さいと言う。

 ノリエさんのベンツでお迎えがきて、娘は菓子折を持って園長自宅に行った。

 その時に、園長は「私を覚えている?」と訊いた。娘は「いいえ。」と答えた。

 自宅に帰ってから、「本当は覚えているけれどね。」と言った。

 幼稚園の子供だって利不純さに怒っていた。「なぜ、私はちっとも悪くないのに幼稚園を辞めなければいけないの?」と責められたものだ。

 「加害者の子供が良くなるためよ。」と言い聞かせたものだ。

 そう言えば、美智子妃のご兄弟のお子様も来ていました。娘が4年保育の1年の時に4年生で女のお子様でした。

 それで、真子様も佳子様も学習院の幼稚園に通う前に通われていたのでしょう。

 園長が秋に、「兎に角来てくれ。」と電話があったときに、私は断りました。男の子が骨折事故で来れないから安全だから来いと言うのは卑怯だと思ったのです。「男の子が反省して謝りたいから来て下さい。」と言うのなら行ったでしょうね。

🌠
 仙台の母子の無理心中で妻子を亡くした父親はテレビで「加害者の子供二人に謝って欲しい。」と言っている。母親は20度も学校に通い相談をしていたのだ。

 私は毎日、クイーンの音楽を聴いているが、1946年生まれのマ-キュリ-・フレディと1947年生まれの私はほぼ同時代を生きていたのだが、クイーンのボ-カルのマ-キュリ-はペルシャ系インド人でアフリカのタンザニアの島に生まれ、インドの寄宿舎で学んでいる。ピアノはインドで学び、ラジオで聴いた音楽を直ぐピアノで弾くことができたという。

 タンザニアではインド系やアラブ系の死者が出て政局が悪く、家族でロンドンに移住した。

 寄宿舎の男子校で同性愛に目覚めたようでもあるが、教育の成果がやはり現れてると思う。

 父親はタンザニアでは会計士だったが、ロンドンでは両親とも低い労働に甘んじていた。

 容姿には多歯症のため出っ歯でコンプレックスがあったという。普通の人より4本多く、その為に音声的には恵まれたとか。

 親戚に医者や弁護士が多く、両親はフレディにミュ-ジシャンになることを反対した。

 ゾロアスター教の家庭でペルシャ系インド人だが、貴族の血だという。

 しかし、イギリスの植民地だったインド人には差別があるようで、インド人であることを指摘されるのを嫌がったという。

 その為、名前まで戸籍から変えてしまった。

 ペルシャ系インド人で肌の色は多少浅黒かったと言う。

 フレディの背負ったものの大きさ。

 人種。国籍。性癖。貧困。移民。差別。

 その壁は余りにも高く、音楽の才能と生きる知恵を最大限に振り絞り、自分と同じ境遇の同胞にエ-ルを送り続けていた。

 愛。

 フレディの彼女だったメアリーご両親は聾唖だった。メアリーも痛みを知っているロンドンの貧民層の出で社会がどういうものか知っている。

 フレディの背負ったものの厳しさを乗り越える為の音楽の高み。ストレスで乱交パ-ティに解放を求め、エイズで亡くなった。

 ほとんどの難民は逃れる術も無く、人種の容姿は免れようなく露見されるものだし、生きる可能性が開かれないような生まれで自暴自棄、諦め、無気力の殆どの庶民を鼓舞し励ます歌う力。

 映画のフレディ役を演じたラミはエジプト人で、アラブ語を話してみてというテレビで照れながら、アラブ語を話していた。

 そう言えば、28歳で亡くなったニューヨ-クのバスキアは黒人差別で怒りがあり、作品の80%は怒りだと言った。

 「ガ-ルフレンドとタクシ-にも乗れないんだ。」(黒人だから)

 オバマ元大統領も黒人だから、タクシーに拒絶されたことがあると言っていた。

 クイーン現象は、時代が要求しているのだろう。

 誰もが背負っている十字架。

 世界を救い、良くするためにできることは
唯一、浄化なのだ。

 偏見。
 弱い者苛め。
 自己保身。




Subscribe

Recent Posts from This Journal

  • 匿名の「誹謗中傷」で自殺したプロレスラー!

    昨晩はよく観ているyou tuberの「天才天界」と「ラファエル」の花ちゃんの自死のネット中傷とそれぞれのアンチの中傷への闘いが共闘声明希望を「天才天界」が出したyou tubeを観た。 一方、現代美術の方では会田誠が政治への批判は誹謗中傷では無いとtwitterで!

  • 9度から 20度!晴れ!降水確率40%!

    7時に起きる! 昨日のレシピは美味しかった! 紫芋のパン! チョコレートとコ-ヒ-を合わせる! 北長野駅 東急ライフで食材を買う。…

  • (no subject)

    ❇ Oisixが届いた!  美味しいパイナップルジュ―ス。娘が来たのでシェア! 🔑 ❇…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments