Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

-6度から0度!雪!懐かしい美大受験!




❇中学受験も大学受験も、学生達は最後の追い込みの季節だ。
 発言小町に
「どうしても留学したい」 「美大、デザイン系の大学を卒業した方」
と言うスレがたっていた。

 どうしても留学したいと言う音大生。
 半年ほどの受験でデザイン科に学び仕事をされてる主婦が、娘さんが小学生低学年ながら将来デザイナーになりたいというのでいつから受験準備をしたらいいのか?と言うお母さんからのもの。

❇もはや71才の私は、今日は画材を買いに行く予定だが美大デザイン科を卒業して50年!2カ月の受験勉強(日曜日だけで合計8回のデッサンと色彩構成レッスン)で、美大デザイン科に入った。
 進路を決めたのは11月で高校の教師に相談し、受験勉強の教室も教えられた。
 私立の女子校で美大には8人受験し皆合格した。日本画、造形学、洋画、彫刻、デザイン科。
 付属短大の英文科と国文学があって半分ぐらいはそこに通い、他にお勉強のできる人達は名門大学を受験しそれぞれ受かっていった。
❇2カ月の受験勉強でかけているのはデッサン能力でやはり2年間くらいはハンディを感じていた。
 しかし、創造の分野の仕事は生まれつきのものも環境や時代に恵まれることや、いろいろの要素が必要とされ、個々求めるものも違うので何が成功かはともかく、美大に行ってデッサン科に行って良かったと思う。

❇若い時はやはり世間が優しいと思う。

 認めて貰えないことや評価が低いことは多少誰でも経験することと思うが、それでも仕事を続けていると思いもがけずチャンスもあるものだ。

 私の場合、都内に家があり時代から、お花やお茶やお料理教室まで通っていたので、普通のお嬢さんのような衣服を着ていたせいか、美大生にしては甘く見られていたようで、よく「貴女みたいな人が生きていけるほど甘い世界をなのか!」と言われたものだ。

 デザイン科の就職状況は良く、電通に入った方も個人の画塾の教師になった方もいたし、お嬢さんの趣味にして結婚した人もいたと思う。
 私の場合はある種の拘りがあってその思想のまま、卒業後は就職せず今の言葉によればプ-タロ-のようにも見えたフリーランサ-だった。

 バブルの時代で世の経済成長期であったから、工夫して作品を作れば発表の場もあり、若いアーティストには人は皆優しかった。

 家庭の事情は様々だが、私は大学時も大学出てからも絵や絵に関係のないバイトで働いていて、親から援助は一切受けてないのだが(大学の授業料とお昼代を含む月5000円のお小遣いのみ)、どういうわけか71才の今に至るまで、親からのふんだんの援助があると思われているのである。

❇デザインの仕事に主義主張まで入れると針の穴に入るような狭き門を生きる事になったが、オリジナル作品を作るのにはそれが良かったと思う。

❇「留学したい」と思った事はないが、世界に認められたいと思った。

 「山をも動ごかす信仰」と言うか、「求めよさらば与えられん」と言うか「夢」と言うか私は実現するものだと思う。

❇そのための秘訣がある。
自分の夢を実現させるためには、他人の夢を実現させるのである。

 私はみず知らずの人が、「軽井沢に行きたい」と言うつぶやきを実現させるために骨を折ったが(もし、仮に我が家に軽井沢の別荘があったらお呼びできたがないので)、その時、渋谷西武の1階から地下に向かう壁面のギャラリーで個展の話がきて暮れから正月まで評判が良いと延長してくれて展示ができた。
 それは大学出た年のことで、テ-マは「能と狂言」。
自由研究の日々の私はそこに興味があり和紙のコラ-ジュと墨で筆描き。

 こう言うチャンスは別に絵を観てくるのでは無く生き様のようなものに感銘してくるのである。

 時代把握は大切で、世は空前の版画ブ-ムで、私は2年続けて出雲大社の同じ大吉のおみくじを引いたのを記念して「おみくじ版画」を作ったのだ。世間知らずなので、200枚も刷ってしまったが、自由が丘ギャラリーのオ-クションで池田満寿夫も10円からデビューしたんだとか言われ安価から競って15枚くらい売れた(同じもの)。自分は自由研究時間が欲しい人で、なるべくthinkingに力を入れた。

 誰が教えてくれたわけでは無いが、それが現代美術だったのであろう。

❇「おみくじ版画」の後は「占い版画」で「易版画」が
1972年の京橋のプリントア-ト・ギャラリーで発表。

 「ダサ格好いい」と言うのは今の流行りの言葉だが、私もこの辺の感覚で作品を作っていた。

 日常生活はダサく、日本人の一般生活は西洋の模倣をしていても根は万の神を称える縄文人なのだ。

 そして、真面目にふざけること。ア-トには戯れが要素の一つだ。

 そして、それが通じる人が外国人だった!

 大学を出た翌年、自分をモチ-フに色々な種類の占いを12枚の版画にしたのだが、テ-マは物質に対する精神の優越性と人間界の信用度の危うさに疑問を投げかけたのである。
 「名あるもの形あるものが信じられなくて占いの世界を絵にしてみました!」

 これを、アメリカの女性記者アニタは、「彼女は世の流れ異なって生きると流異と名のっている」と書いてくれた。そして日本語の言葉の音声のゲ-ムを面白いと思ってくれた。

 人相学では、鼻を花にしたり、耳を美々としたり。

 23才か24才の頃、銀座を歩いていたら、紳士が「お嬢さんは何をしている人なの?」「絵を描いてます。」「どんな絵を描いているのですか?」「お見せしましょうか?」「2枚いただきましょう。倍の値段で。」と買ってくれハイヤーで自宅まで送ってくれた。

 これを母に言うと、「そんな事がこの世にあるのかしら?」と姉に相談したら、アメリカ大使館勤務の叔母は「本人がそう言っているのならあるのではないかしら。」と答えた。

 母の祖父は殿医の息子だったが、画家になったために七つの蔵を潰して死んだと、家では画家は「穀潰し」と蔑視されていたのである。

 だいたいスッピンに口紅だけで輪ゴムで髪を留め歩いていた。
 




 この記事は切ってしまったが、山口長男、小野木学、田淵幸一、島田君(芸大の大学院生)、私の作品批評が記載され、私の作品が写真に出た。その時、モノクロで複写が請求された。

 私はどの閥にも属せず、何のコネも無く、学歴も女子美術大学のデザイン科でたいへんマイナーな存在であったが、外国人は公平に見てくれるのだなあと感動した。



 海苔が切れた!



 雪が降っているが、今日は画材屋さんのクロ-ジング・セ-ルの初日なので、10時52分の北しなの鉄道で北長野まで行った。

 北長野も雪だった。
東急ライフで食材とサンドイッチ等を買い

 吉田のタカハシ額縁店に行った。
お店は混んでいて絵を描く人達は同じ思いで初日に買い物に来ているようだった。
 私は50号のキャンバス4枚に油絵の具、筆、和紙の団扇等買って4万円強の買い物をした。
 額縁店の向かいのバス停から三才駅までバスに乗り北しなの鉄道だと一駅だが、随分遠回りして310円で三才駅に着いた。
 幸い5分くらいで妙高高原駅までの電車がきて、電車の中で先ほど買ったサンドイッチを食べた。車窓からの景色はますます雪が吹雪いていて黒姫駅は灰色の風景だった。

 パンを食べたのでコ-ヒ-を飲みたくなって駅前の喫茶店に入った。

 2時頃コテ-ジに帰ったが、電気も停電のところがあるのでスト-ブに薪をいれた。

❇美大デザイン科に行って良かった。
 具体的に重いものを持てること。
 プレゼンテ-ション能力や新しい技術の適応やありとあらゆることが要求されるので、老人呆けになりにくい。

 お金のかかる職業なので節約能力が養われる。

 個々の才能、能力の違いを認め理解できる人間力を養われる。

❇夕食!








 
Subscribe

Recent Posts from This Journal

  • 2度から 13度!晴れ!

    5時半に起きる! 私は森の中の小さな山の頂きに住んでいるので、信濃町で2度のときは実際には2度くらい低く0度か氷点下です! ❇ 長野県 新型コロナ 新たに2人の感染確認 県内計329人に 2020年10月22日 14時47分 長野県 新型コロナ 新たに2人の感染確認…

  • テレビを買いに!7度から 15度!降水確率 40%!

    4時に起きる。 もう一度、寝ます。 8時半に起きる。 小雨が降ってます! 主人が私のプログを読んでいて、「テレビが壊れたって?お金を送ってあげるから買いなさい」という! ❇  電気代を払わないと! 19000円強! 北長野のロ-ソンで払う! ❇…

  • 9度から 14度!降水確率70%!

    7時に起きる! ❇ 🔑 17時公開!ICOが東京五輪中止を日本に通達!政府関係者と大手広告代理店関係者から内部情報あり。後はいつ発表するかだけの状況。元博報堂作家本間龍さんと一月万冊清水有高。 https://youtu.be/thtzBZ04Bw8…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments