Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

存知上げなかったが堀文子画家が100歳で亡くなる。








 堀文子画家の作品は長野の東山魁夷美術館に観に行ったことがあります。

 信濃美術館とも言うのですが、堀文子展だったので大きな作品がたくさん展示してありました。

 黒柳徹子さんの徹子の部屋に飾ってあった青い民族衣装を着ていた中近東の女性の絵も素敵でした。

 私も2、3冊の本と絵葉書を幾枚か持ってます。

 60代でイタリアに住み絵を描く!

ヒマラヤに青いケシを探しに行き見つけられ、絵を描く。


 東京の麹町、平河町でお生まれになったようです。
 女子美術大学の日本画を出られ、キンダ-・ブックとか挿絵を描かれ生計を立てられたと書かれてました。家族を養っていたときもあったとか。

27歳で外交官と結婚され41歳で死別。

 世界中を旅行されたようです。

 昔の女子美術大学の出身者はおうちの良い方が多く、東大の研究室で研究に必要な絵を描かれたと記憶してます。

 信濃美術館に行ったときも沢山の絵を特別売るという風でもないようでどうして保管なさるのかなと思ったものです。

 大磯や軽井沢にアトリエがあって新しい女性というか強い女性というか群れない生き方を為さっていたようで、やはりお幸せなかただと思います。

 イタリアでも個展を為さったようで11年間お住みだったようです。

 お子様がいない自由と言うのがあったのですね。

 昨日、奥村土牛が101歳まで生きていたと知り、娘に102歳まで生きる努力をすると言ったばかりなのですがね、こればかりは思うどおりにもいかないのでせいぜい心がけるしか方がないです。
 堀文子展は百寿の記念展が山梨の大村美術館であったようです。

 観れたら又観たいです。
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments