Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

昨日は疲れてプログに写真貼り付け中、寝てしまいました!

 2度から9度。晴れ。夕方から雨から雪!


 気がついたら、朝4時半!

 着の身着のまま電気を付けっぱなしで寝てしまいました!

 今、71歳!
 
 20歳4月7日と言う特別な日から50年経って、過去写真を観ながら思い出していたところ。

 山の暮らしはとても厳しいので来年の冬はここでは暮らせないかもしれません。

 雪が深く、体の芯まで凍える日々。

 そして、花咲く春。

 太陽の輝く夏の解放。

 秋の恵みには大地の豊かさに生きる喜びを感じる。

 老いは体を締め付けるかもしれない。

 しかし、心には自由があります。

 私たちには小さな弱い生きものの近くに歩むことで見えていく世界が拡がる。

 悪魔のような心にもひとかけらの愛がある。

 天使のような心にもエゴや罪深い怠りもある。

 同じ大地に住む運命共同体の私たち。

 あうひと、あうひとと喜びを分かち合い。

 悲しみには痛みのわかる魂でいたい。

 次の時代に、少しでもましな地球を残して。






 朝ご飯!





お買い物バス!















 夜 8時半! 雪です。



 主人がお菓子をもってきてくれた!
1554735015354351490008.jpg
15547336278701252135237.jpg

<

 
 
Subscribe

  • 五月病関連読本!のコピーです! 私のテーマの一つは日本の誇り、アジアの和!

    源氏香のカルタを作って見たのだが、紫式部の愛読書が宇津保物語! 本物の芸術の話!そして、大和から遣唐使が難破して運ばれたペルシャの地から、白馬にのせられ、仙人に学んだ中国の七絃の琴(きん)は、ユネスコの世界遺産になりました! 宇津保物語から地震が起きたシーン。…

  • 宇都宮功の本。

    この人の事はまるで知らなかったが、とても成功している画家のようだ。 1945年、盛岡生まれ。 私が1947年生まれなので、かぶっていて時代の流れはよくわかる。 そして、作家やギャラリーの名も知っているので、情報として実によい本だった。…

  • 携帯の調子が悪い!

    木嶋佳苗が獄中で書いたと言う実話。 正直に書かれていると思う。 世の中には悪い人が多いものだ。 若い高校生の彼女を騙した詐欺師や母親の交通事故による脚の切断。 恐ろしくおませな社会との関わり方。 偶然か?祖父の馬の受精やヤマギシ会での牛の受精見学が性への好奇心を育てる。…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments