Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

-2度から6度! 曇りから雪!

 例年、21日からスキーシ-ズンなのだが、ことしは暖冬で雪がなく、28日からに延期になった。

 今日は階段の手すりを大工さんが作ってくれる!


 オイシックスは、25日と元旦を、キャンセルした。

 その間に。冷蔵庫を空に近くして、東京への不在中をしのがなければ!

 朝ご飯!



 ゴミを捨てに行ったら、大工さんが手すりを作っていた。

 庭に放置しっぱなしのパラソルも捨てて貰った。
 
 とても良心的な値段しか請求しないので、少し多めに支払ったが、「雪かきしてやるよ!」と言ってくれた。

 お昼前に仕事を終えてくれたので、お昼ご飯の後に2時間ほど絵が描けた。












 4時前に、着替えをして樹香まで行った。今日は、サツマイモご飯がまだあるので、焼き鳥と決めていたのだ。

 お店の行き帰りに、セブンイレブンでキリマンジェロを買って飲みながら歩いた!

 熊は未だ冬眠してないという。

 帰りは、すっかり暗くなっていた。

 娘が来た頃は雪になっていた!













 12時半頃、寝たと思うが、朝の5時半頃、起きてしまった!

 もう、27日からの帰省のトランクは詰めたし、あとは、クリスマスプレゼントの用意かな!
Subscribe

  • 五月病関連読本!のコピーです! 私のテーマの一つは日本の誇り、アジアの和!

    源氏香のカルタを作って見たのだが、紫式部の愛読書が宇津保物語! 本物の芸術の話!そして、大和から遣唐使が難破して運ばれたペルシャの地から、白馬にのせられ、仙人に学んだ中国の七絃の琴(きん)は、ユネスコの世界遺産になりました! 宇津保物語から地震が起きたシーン。…

  • 宇都宮功の本。

    この人の事はまるで知らなかったが、とても成功している画家のようだ。 1945年、盛岡生まれ。 私が1947年生まれなので、かぶっていて時代の流れはよくわかる。 そして、作家やギャラリーの名も知っているので、情報として実によい本だった。…

  • 携帯の調子が悪い!

    木嶋佳苗が獄中で書いたと言う実話。 正直に書かれていると思う。 世の中には悪い人が多いものだ。 若い高校生の彼女を騙した詐欺師や母親の交通事故による脚の切断。 恐ろしくおませな社会との関わり方。 偶然か?祖父の馬の受精やヤマギシ会での牛の受精見学が性への好奇心を育てる。…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments