Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

読書!


 富岡鉄斎の登場。


 十一屋の5代目当主。富岡維叙(これのぶ)。十一屋配膳は街の中心部の三条衣棚に店を構えていた豪商であったが、5代目の維叙が商才に恵まれず、それより学問の方が好きであったため、屋台骨が揺らいでしまい、代々のおおきな店を始末をして、店を夷川に移し、聖護院村に住居をおいていた。
P225
その頃、蓮月は聖護院村に居住しており、近所に。十一屋伝兵衛という曹洞宗の寺院の
御用達として法衣を納めている老舗があった。蓮月はその家族と親しくなって、貰い風呂をするほどの付き合いになっていた。
 貰い湯のあとお茶に誘われる。

 ある時、次男がお使いで蓮月のところに来て和歌の勉強をするための師が来客していると伝えに来る。



 この時、鉄斎は15歳。
蓮月は60歳。親しい交際は彼女が死ぬまで続いた。
 鉄斎は生まれつきの斜視。
幼い時に胎毒を病み、その時の薬が原因で難聴になってしまっていた。
 猷輔(ゆうすけ)が、学問に精を出し、後に寡黙な作業である画家の道に進んだ背景には、彼が難聴であったことと無縁ではない。


 蓮月は剃髪した。
「六帖詠草」の稿文を見せて貰えるまでに、二、三カ月掛かるというのを聞いてから、蓮月は、猷輔に、寒いうだだけ坊官屋敷に移った。


 郵便配達人が来て、帰ろうとしているのが、2階の窓から見えたので、窓を開けて、2階から声をかけて、迂回路を教えた。
 着いたのは、「聖母の騎士」の3月号だった。


 蓮月は父、西心が残してくれた十両余りの金子のうちつかってしまった分を稼いだもので埋めて、十両を奉行所を通して窮民を救うために寄進。
 蓮月としては、自分で自分の生活を立てることができるようになって、父から独立できたことを感謝するために、初めて父への供養のために世の人々に役立てて貰いたいと考えての寄進であった。

 息子は母親の生きたかった美大の授業のことを話す。

 母親は、夢を見た。
 セ-ラー服を着て試験勉強をしている夢だ。
有名な作家が現れて、あなたは学ぶ人でなくて、もはや、教える側の人間だと言う。
 穴窯を継がないと息子が言う。


 信楽研究所。

 掛井武蔵丸先生。
 先生は、母の焼き物をリスペクトしていた。


 普通の良い先生。
なりたいものになれる。


















 作詞は奧さん!



 マスク、手袋着用のみ。


水産物の管理と保護のため。








 作業毎に手を洗っている。

 横浜港に接岸。







4日5日は、 カジノ、バ-も普通に営業していた。




















インドネシア人、フィリピン人の常務員。手渡し。







Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments