Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico






















長野に行く。
人が少ない!
「スキャンダル」
を観る。
東急百貨店で食糧を買う。

力うどん!

 娘もマスクを作って見せてくれた!

「スキャンダル」
 米国大手のFOXニュースのCEOが、女性キャスターからセクハラを告発され失脚した実話をベ-スにした映画です!
 Me too運動!
 トランプの大統領選挙の彼の女性問題批判から始まります!





92回アカデミー賞授賞式が10日(現地時間9日)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われ、メイクアップアーティストのカズ・ヒロ(旧:辻一弘)が、映画『スキャンダル』(2月21日公開)で2年ぶりに2度目のメイク・ヘアスタイリング賞を受賞した。4度目のノミネートとなった同作は、2016年に報道された米ニュース放送局・FOXニュースで起きたセクシャルハラスメントの裏側を史実に基づいて描いたドラマで、カズはシャーリーズ・セロンやニコール・キッドマンを実在のキャスターに変身させた。第90回に『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』で初受賞して以来、わずか2年後の受賞となった。

【動画】シャーリーズ・セロン激変メイクの秘密!

 本作は、局から一方的に解雇された元FOXニュースのベテランキャスター、グレッチェン・カールソンが、CEOのロジャー・エイルズをセクハラで訴えた顛末を描く物語。グレッチェンに『めぐりあう時間たち』(2002)でアカデミー賞主演女優賞を受賞したニコール・キッドマン、エイルズに『レイジング・ケイン』(1992)、『クリフハンガー』(1993)などの悪役で知られるジョン・リスゴー。事件に揺れる人気キャスターのメーガン・ケリーを、シャーリーズ・セロンが演じた。監督は、『ミート・ザ・ペアレンツ』(2000)、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』(2015)などのジェイ・ローチ。

[PR]

 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(2017)では、英国首相ウィンストン・チャーチルにふんしたゲイリー・オールドマンの特殊メイクを担当したカズ。『スキャンダル』ではFOXニュースのキャスター及びCEOらのメイクを、アン・モーガン、ヴィヴィアン・べイカーと共に担当。シャーリーズに毎3時間弱、ニコールに2時間、ジョンに3時間ほど費やした。とりわけ劇的に変貌したのがシャーリーズで、メーガン本人とは大きく異なる鼻孔を表現するために毎日3Dプリンターで作った鼻栓をつけていたという。


左からキャスターのメーガン・ケリー(シャーリーズ・セロン)、グレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)、ケイラ(マーゴット・ロビー)(C) Lions Gate Entertainment Inc.
 カズはこれまでに『もしも昨日が選べたら』(2006)、『マッド・ファット・ワイフ』(2007)で2年連続メイク・ヘアスタイリング賞にノミネート。『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』で同部門において日本人として初めて受賞したのち、2019年3月に米国市民権を獲得。「辻一弘」から「カズ・ヒロ(Kazu Hiro)」に改名した。

[PR]

 メイク・ヘアスタイリング賞部門の候補には、ホアキン・フェニックスがDCコミックスの悪役ジョーカーを演じた『ジョーカー』、レネー・ゼルウィガーが女優・歌手のジュディ・ガーランドにふんした『ジュディ 虹の彼方に』、アンジェリーナ・ジョリー主演のダークファンタジーの続編『マレフィセント2』、オスカー監督のサム・メンデスが第1次世界大戦を舞台にした戦争ドラマ『1917 命をかけた伝令』が挙がっていた。(編集部・石井百合子)

第92回アカデミー賞授賞式は、2月10日(月)午前8時30分よりWOWOWプライムにて放送中(夜9時よりリピート放送)

Loading video
» 動画の詳細
関連記事
【結果速報】第92回アカデミー賞
カズ・ヒロ(辻一弘)、シャーリーズ・セロン激変メイクに約3時間 こだわりは?
松たか子、アカデミー賞の舞台で熱唱!世界のエルサ女優と共に
オスカー受賞の辻一弘、栄光の裏にあった苦悩


 千石劇場は小さな映画館で、5人の観客。

Subscribe

  • 五月病関連読本!のコピーです! 私のテーマの一つは日本の誇り、アジアの和!

    源氏香のカルタを作って見たのだが、紫式部の愛読書が宇津保物語! 本物の芸術の話!そして、大和から遣唐使が難破して運ばれたペルシャの地から、白馬にのせられ、仙人に学んだ中国の七絃の琴(きん)は、ユネスコの世界遺産になりました! 宇津保物語から地震が起きたシーン。…

  • 宇都宮功の本。

    この人の事はまるで知らなかったが、とても成功している画家のようだ。 1945年、盛岡生まれ。 私が1947年生まれなので、かぶっていて時代の流れはよくわかる。 そして、作家やギャラリーの名も知っているので、情報として実によい本だった。…

  • 携帯の調子が悪い!

    木嶋佳苗が獄中で書いたと言う実話。 正直に書かれていると思う。 世の中には悪い人が多いものだ。 若い高校生の彼女を騙した詐欺師や母親の交通事故による脚の切断。 恐ろしくおませな社会との関わり方。 偶然か?祖父の馬の受精やヤマギシ会での牛の受精見学が性への好奇心を育てる。…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments