Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

-3 度から16度!晴れから雨!降水確率50%

 4時半に起きてしまった!


 テレビで、
 医療関係者への支援!
 お弁当。
 ハンドクリーム。
 現金。
 等。











 リモートでクレ-ンゲ-ムができる!

 不動産!

🔑🔑🔑🔑🔑
Yayoi Kusama Shares Uplifting Message as World Confronts Coronavirus Pandemic
CLAIRE SELVIN
April 15, 2020 7:00AM EDT

Yayoi Kusama in her studio, 2017.
Yayoi Kusama is among the many artists who have been personally affected by the coronavirus—her exhibitions scheduled to take place this year at the Hirshhorn Museum in Washington, D.C. and the New York Botanical Garden have been postponed as a result of the pandemic. But that hasn’t stopped her from remaining optimistic, and to inspire hope, the artist known for her “Infinity Mirror Rooms” is sending out a message of solidarity to her fans.

The Japanese artist’s statement acknowledges that “we find ourselves on the dark side of the world,” but assures readers that “we shall fight this terrible monster,” referring to Covid-19. “Now is the time for people all over the world to stand up,” she writes, “My deep gratitude goes to all those who are already fighting.”

Kusama believes that, through solidarity and resiliency, the world will recover from the catastrophe. She states that “it is time to seek a hymn of love for our souls” and “to fight and overcome our unhappiness.”

This is not the first statement the famously reclusive artist has shared with the public in recent months. A flyer accompanying Kusama’s solo exhibition at David Zwirner in New York last fall featured a few words on her practice, bearing the statement, “I will never cease dedicating my whole life to my love for the universe.”

Read Kusama’s full message on the pandemic below.

Today, with the world facing COVID-19, I feel the necessity to address it with this message:

A MESSAGE FROM YAYOI KUSAMA TO THE WHOLE WORLD

Though it glistens just out of reach, I continue to pray for hope to shine through
Its glimmer lighting our way
This long awaited great cosmic glow

Now that we find ourselves on the dark side of the world
The gods will be there to strengthen the hope we have spread throughout the universe

For those left behind, each person’s story and that of their loved ones
It is time to seek a hymn of love for our souls
In the midst of this historic menace, a brief burst of light points to the future
Let us joyfully sing this song of a splendid future
Let’s go

Embraced in deep love and the efforts of people all over the world
Now is the time to overcome, to bring peace
We gathered for love and I hope to fulfill that desire
The time has come to fight and overcome our unhappiness

To COVID-19 that stands in our way
I say Disappear from this earth
We shall fight
We shall fight this terrible monster

Now is the time for people all over the world to stand up
My deep gratitude goes to all those who are already fighting.

Revolutionist of the world by the Art
From Yayoi Kusama

美術手帖 Web版からのコピー!

 スタッフの解雇が相次ぐアメリカの美術館。「アート・バーゼル」主催企業も人員を整理
新型コロナウイルスの影響により、美術館の休館やアートフェアの中止・延期が世界中で続いている。こうした情勢を受けて、アメリカでは多数の美術館がスタッフの解雇を実施。また、アートフェアを運営する企業にも影響が及んでいる。

グッゲンハイム美術館 ウィキメディア・コモンズより

 新型コロナウイルスの影響により、美術館やアートフェアに関わるスタッフの解雇や一時休暇、給与のカットがアメリカを中心に相次いでいる。

「ARTFORUM」の報道によれば、3月の第4週には、ロサンゼルス現代美術館(MoCA)が97人のパートタイムスタッフすべてを解雇することを決定。またハマー美術館は、150人の学生パートタイムスタッフを解雇している。

「cleveland.com」は、クリーブランド美術館が雇用維持のためにパートタイマーをすべて解雇、また一時的に組合員を解雇し、11~15パーセントの給与を削減する報じた。

 マサチューセッツ現代美術館も165人のスタッフのうち120人を解雇、ノーマン・ロックウェル美術館も75人のスタッフを解雇する。マサチューセッツ州の日刊紙「The Berkshire Eagle」が報じた。

 Artnet Newsによれば、ニューミュージアム、ホイットニー美術館もスタッフを解雇している。ニューミュージアムはスタッフの約3分の1にあたる41人を解雇。その大半はパートタイムの従業員だという。さらに、上級スタッフは10~20パーセントの減給、館長は自主的に30パーセントを減給している。また、ホイットニー美術館は76人のスタッフを解雇。こちらも、館長をはじめとする上級スタッフは減給の対象となっている。

 さらに、グッゲンハイム美術館も92人のスタッフを解雇、8万ドル(約820万円)以上を受給するスタッフの給与カットを実施することがArtnet Newsにより報じられている。加えて、オンラインアートマガジン「HYPERALLERGIC」によれば、ニューヨーク近代美術館は授業を行っていたフリーランスの教育担当者との全契約を終了した。

 アートフェアを主催する企業にも解雇の波が広がっている。Artnet Newsによると、「アート・バーゼル」や「マスターピース」を主催するスイスのMCHグループは、アメリカのマーケティング部門のメンバー150人を解雇した。これは、2月に予定されていたアート・バーゼル香港が中止され、さらに6月に開催予定だったアート・バーゼルも9月に延期されたことを受けたものだ。

 ロンドンとニューヨークで毎年開催されているアートフェア「FRIEZE」を運営するエンデバー・グループ・ホールディングスも、3月に250人のスタッフの解雇を発表している。

 美術関係の職務に就くスタッフの解雇が続くアメリカだが、いっぽうで支援の動きも活発だ。アメリカ・ロサンゼルスのゲティ財団は基金を設立、また米国内の7つの助成団体も共同で「Artist Relief」を結成し、アーティスト支援に乗り出している。さらにアメリカの文化芸術における公的助成機関であるNEA(国立芸術基金)は、文化機関の危機救済のため7500万ドル(約80億円)を供出。今後もどのような支援の流れが続くのか注視したい。

 なお、解雇規制が緩いアメリカにおいては、修繕や改修などによる長期休館でもスタッフを解雇する例も多く、日本における解雇とは一概に比較できないことに留意されたい。























 カ-ド代の請求書が届いたので、郵便局に行き引き下ろし、セブンイレブンのATMから送金しました!



Subscribe

Recent Posts from This Journal

  • テレビを買いに!7度から 15度!降水確率 40%!

    4時に起きる。 もう一度、寝ます。 8時半に起きる。 小雨が降ってます! 主人が私のプログを読んでいて、「テレビが壊れたって?お金を送ってあげるから買いなさい」という! ❇  電気代を払わないと! 19000円強! 北長野のロ-ソンで払う! ❇ ❇  アメリカンドラッグで!…

  • 9度から 14度!降水確率70%!

    7時に起きる! ❇ 🔑 17時公開!ICOが東京五輪中止を日本に通達!政府関係者と大手広告代理店関係者から内部情報あり。後はいつ発表するかだけの状況。元博報堂作家本間龍さんと一月万冊清水有高。 https://youtu.be/thtzBZ04Bw8…

  • 9度から 15度!降水確率60%!

    6時半に起きる! ぐずぐずとベッドにいて、降りてきたのは8時半! 1階のソファー(無印良品で買った極質素なもの)で読書の続き! 庭に出ると雨だった! 晴れてきた! ❇ 鶏肉のそぼろ!

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments