Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

御両親の介護をなさっている百合亜さんに御馳走になってしまいました!

 お通しもおいしかったです。

 とにかく次から次へと出てきました!

 たぶん、この秋の始まりで終りのまったけのてんぷら。

 アスパラのバター焼き!

 百合亜さんにプレゼントしたヘア・ブラシとエンドウマメの瓶の中洗い!
この言葉が素敵で好きなんですよ!
“Life is good. Enjoy the little things !!”
人生は善きもの!
ささやかなものを愉しんで!

 私はカメラを持っていかなかったので百合亜さんの写メールのコピーです。
他に神戸牛のステーキと焼きおにぎりの大きいのを注文し、デザートは梨と巨峰でした!冷たくておいしかったです。

 今日は支払うつもりで銀行から下ろしてきたんですけどね。百合亜さんの従妹さんのお店で百合亜さんに罰あたりにも御馳走になってしまいました。
いいお婿さんでも探して感謝を示さねばね!

 ふたりで高松の長い長いアーケードの一部を歩いたのでした。女の話はつきませんね。

百合亜さんをホテルのお部屋で待っている間に読んでいた本がこれです。
「男おひとりさまの老後」
死別・離別・非婚シングル、老後に生きる道はあるか。在宅ひとり死はこわくない。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より
上野 千鶴子
1948年富山県生まれ。京都大学大学院社会学博士課程修了、平安女学院短期大学助教授、シカゴ大学人類学部客員研究員、京都精華大学助教授、国際日本文化研究センター客員助教授、ボン大学客員教授、コロンビア大学客員教授、メキシコ大学大学院客員教授等を経る。1993年東京大学文学部助教授(社会学)、1995年東京大学大学院人文社会系研究科教授。専門は女性学、ジェンダー研究。この分野のパイオニアであり、指導的な理論家のひとり(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです」データベースより)

内容(「BOOK)
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments