Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

コロナウイルス地獄!詐欺も!

新型コロナウイルスの感染拡大で、政府による外出自粛の要請が長引き、「自粛」に従わない人を責めるような風潮が強まっている。10年にわたって「ファシズムの体験学習」に取り組んできた甲南大学の田野大輔教授(50)は、こうした動きも、「ファシズム」と無関係ではないとみる。どういうことなのか。


 ――新型コロナウイルスの感染者が発生した大学に脅迫電話をかけたり、県外ナンバーの車に傷をつけたりする「コロナ自警団」のような人たちが現れています。なぜだと思いますか。

 「『自粛』要請に従っていないように見える人たちを非難する行動は、『権威への服従』がもたらす暴力の過激化という観点から説明できます。政府という大きな権威に従うことで、自らも小さな権力者となり、存分に力をふるうことに魅力を感じているのです。


 みんなで力を合わせて危機を乗り切ろうとしている時に、従っていない人は和を乱して勝手な行動をとっているように見えます。『コロナ自警団』のような人たちは、異端者に正義の鉄槌(てっつい)を下すことで、普段なら抑えている攻撃衝動を発散しているわけです。ファシズムの根本的な特徴を体現しているといえます」

福島県浪江で30℃突破 本州で今年初の真夏日に
5/2(土) 11:20配信
266


2日(土)11時10分の実況気温
 今日5月2日(土)も西日本から東北にかけて高気圧に覆われ晴れています。気温は昨日以上に上昇し、福島県浪江では30℃を超える真夏日になりました。

 初夏の日差しに加えて南西風が山越えとなっているため、東北太平洋側や北陸で特に気温が上がっています。福島県浪江は11時03分に30.0℃を観測し、本州では今年初めての真夏日です。仙台も9時過ぎの段階で25℃を突破して、今年初の夏日になりました。

名古屋やさいたまも30℃超の真夏日予想

2日(土)の天気と予想最高気温
 午後はさらに気温が上がり、名古屋をはじめ京都や甲府、さいたまなどで30℃を超える真夏日の予想です。

 東京も昨日を上回る28℃の予想で、夏を思わせる暑さです。体が暑さに慣れていない時期にこれだけ気温が上がると、熱中症のリスクが高まります。特に車の中など気温が上がりやすいので要注意です。

冷たいものを買いにセブンイレブンへ!


 とろろ蕎麦に!


朝異変なく 夜死亡で発見 自宅療養の57歳男性 新型コロナ
2020年5月2日 12時16分

朝異変なく 夜死亡で発見 自宅療養の57歳男性 新型コロナ
東京・港区のマンションで、発熱があり自宅療養していた50代の男性が死亡しているのが見つかり、その後の検査で新型コロナウイルスに感染していたことが関係者への取材でわかりました。発熱から9日後のことで、朝、妻が仕事に出かける際に異変はみられませんでしたが、夜、帰宅すると死亡していて、専門家は一定期間は症状が急変しないか警戒が必要だとしています。
先月15日、東京・港区のマンションで、57歳の会社員の男性が死亡しているのが見つかり、その後の検査で新型コロナウイルスに感染していたことが関係者への取材でわかりました。

男性は9日前の先月6日から発熱などがあり、自宅療養していたということで、この日は朝、妻が仕事に出かける際は男性は会話ができる状態で異変はみられませんでしたが、夜、妻が帰宅すると男性は布団の上で死亡していたということです。

都内では自宅や路上で容体が急変して死亡したあと、感染が判明したケースが11件確認されていて、このうち7件は発熱後、1週間から12日たって死亡していました。

感染症対策に詳しい北海道医療大学の塚本容子教授は「新型コロナウイルスは1週目で改善している感じがしても、2週目で急に症状が悪化するということは海外では報告されているので、改善したかなと思っても注意が必要だ」として、一定期間は症状が急変しないか警戒してほしいと指摘しています。

そのうえで、「『きょうはきのうと比べて体調がどうなのか』とか『発熱がないか』、『元気がない』、『様子がおかしい』という時はすぐに対応してほしい。『いつもと比べて様子がおかしい』などと、周囲が観察することが大事だと思う」と話しています。

だまし取られた300万円
 「おやじ、マスクあるけどどうする」。愛知県警によると、名古屋市の90代男性宅に3月23日、そんな電話がかかった。健康を気遣う言葉に、息子だと信じ込んだ男性は「仮想通貨でもうかったので、税金の処理に金がいる」と言われ、自宅を訪ねてきた弁護士役の男に300万円を渡してしまったという。

 大阪府警によると、府内の80代男性も4月上旬、息子を名乗る男に借金の肩代わりを頼まれ、800万円をだまし取られた。男性はお金を用意する際、銀行の窓口で「コロナの関係で手元に資金がいる」と説明していた。行員のチェックをすり抜けるための詐欺グループの指示だった。

 「新型コロナウイルスの騒ぎでお金に困っている。息子さんに貸した100万円を今すぐ返してもらいたい」。国民生活センターによると、東海地方の80代女性宅には、息子の上司をかたる男から、そんな電話があった。上司の親族を名乗る男に約100万円を手渡したという。

緊急事態宣言 経験なく詐欺気づけず
 不安をあおる手口も目立つ。北関東の70代女性宅には「ウイルスが水道水に混ざっている。濾過(ろか)するのでお宅の場所を教えて」と威圧的な口調の電話があったという。
「詐欺グループは常に時事ネタを使う。漠然とした不安を与え、論理的な思考を失わせる」。詐欺の手口に詳しい立正大学の西田公昭教授(社会心理学)はそう指摘する。新型コロナの場合、「自分も感染するかも」という危機感が不安に拍車をかける。「緊急事態宣言は誰も経験したことがない。多少のことでは詐欺と気づけない恐れがある」と警鐘を鳴らす。

「70歳以上に3万円」期待に惑わされ
 西田教授によると、「不安」だけでなく、「期待」も人を惑わせる要素だ。

 
Subscribe

Recent Posts from This Journal

  • テレビのアンテナを直す!

    毒キノコの食中毒相次ぐ 「見分け困難」県が注意喚起 0 この記事についてツイート この記事についてFacebookでシェア この記事についてLINEで送る 10/28(水) 8:12 配信 岐阜新聞Web 毒キノコのツキヨタケ(県保健環境研究所提供)…

  • 3度から 15度!降水確率20%!

    7時半に起きる! ANAホールディングス 過去最大5100億円の赤字見通し 2020年10月27日 15時09分…

  • (no subject)

    1階のお昼寝スペース! 蟹はたくさーんあったので主人がお正月きたら食べられるように半分残しておきました!  今日は朝4時半起きで、お昼寝ができなかったせいか眠くて眠くて仕方ない!…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments