Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

タイの画家、コロナ苦で自殺!

コロナ苦で自殺、タイの若母が遺した首相への恨み言
格差社会のタイ、コロナで生活苦に陥った低所得層で続発する自殺
2020.5.4(月)
大塚 智彦
アジア・オセアニア

亡くなったプライフォン・アムサリカさん(本人のFacebookより。Facebookページの名義はPvlia Cyhfaoin)
ギャラリーページへ
(PanAsiaNews:大塚 智彦)

 19歳の若い絵描きの卵である女性が深夜にタイの首都バンコクにある自室で縊死した。コロナウイルスの影響などで収入が途絶え、生後8カ月の赤ちゃんに飲ませるミルクを買うお金にすら困る生活に疲れ果てて絶望した末の「死の選択」だった。

 死を選ぶ前に彼女は、SNSを通じて1枚の写真を公開していた。そこにはタイのプラユット首相によく似た人物の似顔絵と「食べ物は毒入り、道端は墓場、狂人がハンドルを握るおかしな世の中に直面している」などと政府批判とみられる書きこみがあり、アップされたこの絵と文章は彼女が現世に残した最後の絵と文、つまり「遺書」となった。


 この若き女性絵描きの死がマスコミを通じて報じられると、タイ国内から同情する声が数多く寄せられた。

 というのも、コロナ感染防止のためにタイ政府がとっている夜間外出禁止令や一般営業自粛、非常事態宣言などによって、彼女以外にも多くの貧困層が生活苦に追い込まれており、やはり彼女と同じように自殺する人も増加、社会問題になっているからだ。つまり、他人事としてすまされない人々が大勢いたのだ。


「これから死ぬ」と電話で告げて・・・
 この女性、プライフォン・アムサリカさん(19)が倒れているのが発見されたのは、4月28日午前1時55分ごろのこと。タイ・バンコクのバンケー区ソイ・ペットカセムにあるアパートの1室だった。発見されたときには、ドアの内側に紐をかけて首を吊った状態だった。医師と警察官が直ちに現場に駆けつけたが、医師によりプライフォンさんは窒息死とされ、自殺と判断した。

 というのも第1発見者であるプライフォンさんの新しい夫(一部報道では恋人)が部屋に駆けつける直前にプライフォンさんから電話があり、「これから死ぬ」と言い残していたからだった。現場の状況からも、自殺を否定するような要素は何もなかった。

「タイで優雅な年金生活」の夢が破綻、大惨事も
「タイで優雅な年金生活」の夢が破綻、大惨事も


今こそ検討すべきタイ拠点の「マザー工場」化
今こそ検討すべきタイ拠点の「マザー工場」化



 プライフォンさんは死を選ぶ約1週間前の4月22日、Facebookに1枚の絵とそこに書きこんだ文章をアップしていた(アカウントは残されているが絵と文章はすでに削除されている)。

プラユット首相の似顔絵と恨み節
 プライフォンさんの絵と文章とされるFacebookの画像と内容は、タイの複数のメディアに転載され報じられた。似顔絵の方は紙に鉛筆で描かれたもので、プラユット首相に酷似している。プライフォンさんは絵を勉強しており、絵で生計を立てようとしたこともあったという。それだけに絵はよく描かれており、誰がどう見てもそれは「タイの現首相」そのものだった。



タイのプラユット・チャンオチャ首相(写真:AP/アフロ)
ギャラリーページへ
 そしてその絵とともに記されたタイ語の文章を読めば、さらにその絵が「タイの現在の政治指導者」であることが理解できる。

 タイの複数のメディアが報じたプライフォンさんの「遺書」となった文章はこうだ。

「友よ、私は一体どこにいるのだろうか。最後になったのに友よ、あなたに会うことができない。悲しくどうしようもなくなった。こんなおかしな世の中、時代に私は疲れた」

 友への呼びかけの形式で文章は続く。

「食べ物は毒入り、道端は墓場、狂人がハンドルを握るおかしな世の中に直面している」

 コロナウイルス対策でタイ政府が講じている数々の政策が、プライフォンさんのような貧困層の生活を直撃している実態を切々と訴えている。

「私は絵を描きはじめて以来、こんなに気が滅入って鉛筆を握ったことはない。子供に飲ませるミルクを買うお金すらないのだ。全てが値上がりして高くなってしまった。1日12時間働いても何も残らない。涙に暮れながらこの絵を今描いている」

「国は何もしてくれない酷い時代である。どこにも行く当てもなく死を選ぶ人をこんなに見たことがあるだろうか」

 と政府の対応に絶望し、続いて、やるせなく、切なく、苦しい思いを吐露。

「友よ、私は最後にどこにも自分の居場所がなくなった。ただ家に帰りたい」

タイの現場は「凛としてのんびり」
タイの現場は「凛としてのんびり」


外資メーカーが中国脱出、動きが遅すぎる日本企業
外資メーカーが中国脱出、動きが遅すぎる日本企業



自殺報道に大反響、葬儀に大物の名前も
 プライフォンさんの自殺がマスコミで報じられると、タイ国内から彼女のFacebookにシェアが殺到。「心から冥福を祈ります」「安らかに眠ってください」などのコメントも寄せられ、さらに「寄付したいので連絡先を」との連絡がマスコミなどに寄せられたという。

 また地元のネットメディア「カオソッド・インライン」によると5月1日に行われたプライフォンさんの葬儀では、2006年9月のクーデターで失脚したタクシン元首相の名前が葬儀場のボードに書きこまれていたという。


 タクシン元首相支持のタイ貢献党関係者は、「政治的な意味はない、コロナで困難な時は国民が一致しなければならないということだ」と地元メディアに述べるにとどまった。

 しかしプライフォンさんが、軍事政権を率いるプラユット現首相への「批判の意味を込めた自殺」を遂げたことに対して、現在も海外で亡命生活を送るタクシン元首相が「現政権への当てつけ」のために書いたのではないかとの見方も有力だ。

自殺者相次ぐタイ社会の苦悩
 自殺したプライフォンさんは、バンコクの東隣にあるチャチューンサオ県バーンパコン郡に住む親に生後8カ月の赤ちゃんを預けて、バンコク市内でビルの警備員をしながら生活費を稼ぐ生活をしていた。

 以前結婚していた前夫とは虐待を受けて離婚、新たな男性と出会い、ともに警備員として働いていたという。

 この男性によるとプライフォンさんは血液疾患を抱え、最近は仕事も休みがちで収入が途絶え気味だったという。絵を勉強しており、「絵を売って生活すること」も考えていたというが、コロナウイルスの感染拡大でそれも難しくなり、体力の必要な警備員で糊口を凌ぐ生活を続けていたという。

 タイでは政府による生活に不可欠な業種を除く業種の営業自粛や夜間外出禁止令(午後10時から午前4時)、非常事態宣言など罰則を伴う制限により、特に都市部での貧困層の生活は日に日に苦しさを増しているとされている。

 政府は、コロナ対策で経済的打撃を受け、かつ社会保障を受けられない生活困窮者などの国民に対し1人あたり毎月5000バーツ(約1万6000円)を6カ月間にわたり支援することを決めている。

 プライフォンさんも4月16日にこの支援金を受け取っていたものの、生活苦解消には全く不足だったという。

 貧富の差が東南アジアでも最も大きいとされるタイでは、コロナ禍による生活苦が原因とみられる自殺がこのところ相次ぎ、4月1日から21日までに21人が死を選び、10人が自殺未遂事件を起こしているとの報道もある。


美術手帖のWeb

森美術館館長・片岡真実が語る「新しい日常と美術館」
新型コロナウイルスの影響が長期化するなか、美術館はどのように対処し、変化していくのか? 森美術館館長であり、国際美術館会議(CIMAM)会長でもある片岡真実の特別寄稿をお届けする。

文=片岡真実(森美術館館長)

「塩田千春展」ギャラリートーク風景(2019) 撮影=田山達之

 世界各地の美術館や博物館が休館して数ヶ月が経った。地域によって新型コロナ感染症拡大のタイミングや規模は異なり、徐々に緊急事態宣言を緩和する国も出始めてきた。日本でも博物館、美術館、図書館の再開が進みそうだ。この間、芸術文化活動に対する各国政府の対応策も注目され、またコロナ以降の世界や美術界、美術館のあり方にも様々な見通しが議論され始めている。現状の主な議論は、美術館など芸術機関への経済的インパクト、アーティストへの支援などだ。ほんの数ヶ月前まで世界中を忙しく移動し続けきたアーティスト、キュレーター、ギャラリストたち、世界各地から作品を輸送してきた美術館も、渡航制限や渡航後の隔離などが各国政府によって取り決められ、海外渡航は非現実的。各都市のロックダウンのために輸送業者も動けず、作品輸入ができないのと同時に、日本から返却すべき作品が倉庫に留まっているケースも多い。そこには明らかに“国境”があり、“国家”がある。易々と国境を越えて広がる不可視のウイルスに、人間は翻弄されている。

 いずれにせよ、あらゆる美術館がその存在意義を再確認すべき局面を迎えていると言ってよい。その存在意義を確かなものにするためにも、持続可能なモデルをこれから模索していくことになるだろう。現状では欧州型の公立館と米国型の非営利団体による運営で、状況の違いが明らかだ。米国の美術館では、基本財産があればそれを緊急資金に充当しつつ、すでに相当数のスタッフのレイオフや休職が報道されている。欧州型の公立館は、米国型ほど雇用は脅かされていないようだが、今回のパンデミックが政府の予算削減に繋がらないようロビー活動が早急に必要だという声も聞く。国公立、企業、財団など様々な運営モデルがある日本でも、従来の予算や人員、運営方法を再検証し、地域や人間にとって真に不可欠な存在であることを示す必要がある。ICOM(国際博物館会議)会長のスアイ・アクソイは「この危機が世界各地の数多くの文化機関を財政破綻の瀬戸際まで追い込むだろう」として、政府や民間支援者にミュージアムセクターへの緊急資金投入を呼びかけた。それは「現状が収束したら、私たちには、これまで以上にミュージアムが必要となるから」である(*1)。

ソーシャル・ディスタンシングと美術館
 美術館を経営的な観点から見れば、そもそも美術品の収集、展示、保存、普及などにかかる膨大な支出と収入をバランスさせるのは、平時でさえ難しい。政府や地方自治体、運営母体の企業から充当される予算以外に採算性を高めるためには、相当数の入場者が恒常的にあるか、米国型モデルのように企業スポンサーや個人パトロンに依存することになる。日本にはそこにメディア企業の事業部が介在する固有の事業モデルがある。近年では、予算的にも政府の政策的影響を受けやすい欧州型の美術館でも、米国型の資金調達を導入し始める例も見られている。イギリス国内に4館を抱えるテートも国立美術館だが、その収入の7割は自助努力によるものだ(*2)。

テート・モダン新館 (C) Pixabay
 こうしたなかで、コロナ危機によって広がる「ソーシャル・ディスタンシング」は美術館にどのような影響を及ぼすのか。まず明らかなのは、入場者数の制限によりブロックバスター(大量動員型の展覧会)を前提にした採算が困難になることだ。投資回収のためには、会期の長期化も考えられるが、その場合には逆に長期会期に耐えうる強いコンテンツが求められる。そもそも、美術館再開後も暫く各国の渡航制限が継続されれば、近年順調に伸びていたインバウンドも激減した現状が続き、回復に時間がかかることも予想される。国内旅行でさえ、緊急事態宣言後にすぐ元通りの数字になることは考えにくい。いずれにせよ、展覧会あるいは美術館全体の運営について新しいモデルが求められることは間違いない。これはメディア系事業部による展覧会モデルにも新たな挑戦を強いることになるだろう。

「六本木クロッシング2019展」ワークショップ実施風景(2019) 撮影=
鰐部春雄
 いっぽう、渡航制限を含む国境管理体制の強化は、既に美術品の国際間輸送を困難にしている。この状況が緩和されたとしても、通関にこれまで以上に時間やコストが掛かるようになれば、大型の国際展の輸送にも影響が出るだろう。さらには、美術館相互の作品貸借では常識だった、輸送の随行(クーリエ)がどこまで必要なのか、という声も聞かれている。こうした慣習も含め、展覧会制作のプロセスにおいて新しい国際基準が生まれる可能性もある。

 森美術館のように国際性を追求する美術館としては、いかにグローバルな動向をローカルな文脈と呼応させるかは重要な指針のひとつだ。しかしながら、これから直面する諸処の制限のなかでは、日本のアーティストを見せ、日本の観客を迎え、日本のアーティストの作品を購入する、といういわば地産地消的な考え方も、ローカルなアートシーンの回復を優先するうえでは重要だろう。また、国内でも行動制限が続くなかでは、美術館を取り囲む地域コミュニティとのつながりを強化することも考えなければならない。さらには、近年優れた事例も見られている通り、自館のコレクションをこれまで以上に積極的に企画展へ活用することも、促進されてしかるべきだろう。

森美術館 画像提供=森美術館
オンライン・プログラムの拡充とその影響
 ソーシャル・ディスタンシングによって直接的な影響を受ける美術館の事業に、トークやワークショップなどのラーニング・プログラムがある。大規模なプログラム開催は暫く難しいだろう。何人までなら良いのか、マスク着用ならワークショップも可能なのか、日々変化する状況に鑑みながら各館で方針を決めていくことになるだろう。

🔑
そのなかで急速に重要性を増しているのが、美術館のオンライン・プログラムだ。早々にアーティスト・インタビュー、閉館中の展覧会のウォークスルー・ガイド、収蔵品紹介などが世界各地の美術館サイトで公開されている。この「オンライン」という領域は、従来は広報マーケティングやプログラムの記録を中心に活用されてきたが、今後は別のかたちで拡充されていくことになるだろう。Webinarなどを使ったトーク・プログラムも各界で始まっている。同じ空間でアーティストの話を聴ける臨場感との比較は難しいが、現実空間でのラーニング・プログラムと並行しながら相互補完的に機能するものとして有用性は高まっていくと思われる。


 オンラインのみで成立する展覧会には未だ懐疑的だが、オンラインの有料プログラムと展覧会チケットの連動など、現実空間の体験と相乗した発展形は考えられる。入場者数調整のため、既に一部美術館で導入されている日時指定予約制の導入が急速に広がることも想定され、チケットの電子化とオンライン・コンテンツとの連動にも可能性が広げられる。いっぽう、オンライン領域の拡充が進むなかでは、現実空間での実体験がこれまで以上に貴重になる。実物の持つエネルギーは敢えて説明するまでもないが、とりわけ作品の素材感、スケール感、振動やサウンド、場合によっては匂いや温度など、諸感覚を通した鑑賞は、企画の上でも重視されるべきだろう。


 しかしながら、現状ではオンライン・コンテンツ企画や編集にかかる人材、予算、技術といったインフラ整備が追いついていない。こうした新しい領域へのアーティストの起用も検討しつつ、同時に文化庁や経産省など政府レベルでの支援も強く期待したい。

これからの美術館を考える


 こうした直近の対応策と並行して、より長期的な対応も考えておくべきだろう。現状のコロナ禍が収束したとしても、これは地球全体のより大きなクライシスの前兆でしかない、という見方もある。新たなウイルス感染が広がる可能性も指摘されている。コロナ以前からすでに喫緊の課題として注目されている気候変動問題に向けて、具体的な対応策を講じる時が来たということだ。今回のパンデミックを、膨張した人間中心主義への自然界からの啓示、あるいは地球の自浄作用と見る声も少なくない。これには筆者も同感だ。国連が定めたSDGsの目標年2030年に向けて、ミュージアム・セクター全体で何ができるかという問いは、ICOMも重要課題として取り組み始めているが、その意識を日本国内でも浸透させていくことは急務だろう。


 新しい世界、新しい日常のなかで、「現状が収束したら、私たちには、これまで以上にミュージアムが必要となる」という実感がいかに広く共有されるのか。芸術に直接触れ、美しさを享受し、アーティストの生き様や作品から世界を学び、未知の文化や価値観に触れ、生と死の問題を考え、想像力と感性を磨き、人間性を回復する。身体的な免疫力だけでなく、精神の免疫力を高める。いずれも美術館という場が提供すべき体験だ。数ヶ月の外出自粛と美術館休館を終えても、元通りの世界には戻らない。そうした前提で美術館あるいは芸術の存在意義について議論を深め、広げていくことは、美術館人としての責任でもある。現状すでに多くの課題が指摘されている美術館行政についても、抜本的な改革をする絶好の機会だろう。


 最後に、個人のアーティストやフリーランス、個人事業主の美術関係者への緊急支援対策に触れておきたい。諸外国と比較してその対応の遅れも話題になったが、ここに来て東京都、京都市、愛知県など地方自治体からも具体策が出始めた(*3)。演劇業界からは政府への要望書が3月17日に提出されたが(*4)、美術分野でのアーティストやフリーランス、個人事業主のためにもセイフティネットとして、なんらかの登録制組織が必要ではないだろうか。これは恐らく政府主導ではなく、容易に管理や検閲という方向へ繋がらないためにも自立した団体であることが望ましいが、幅広い個人が全国規模で加盟でき、情報が共有され、連帯のなかで創造活動が継続できるような新しい繋がりだろう。

 新しい日常のなかで美術館がいかにエッセンシャルな存在であり続けられるのか。まさに政府、自治体、美術業界全体の連帯が求められる。

*1──The Art Newspaper, 24th April 2020,
*2──テートウェブサイトより
*3──美術手帖より
*4──日本劇団協議会ウェブサイトより

文=片岡真実(森美術館館長)

関連記事
新館長・片岡真実が語る森美術館と美術館界のこれから。「課題解決に近道はない」
コロナウイルス時代の芸術。いま、何がなされるべきか?
パンデミックで美術館が注意すべき20のこと。国際美術館会議(CIMAM)が公開
最終更新: 5/5(火) 22:22
美術手帖
(C) BTCompany CO.,LTD.
Subscribe

Recent Posts from This Journal

  • (no subject)

    毒キノコの食中毒相次ぐ 「見分け困難」県が注意喚起 0 この記事についてツイート この記事についてFacebookでシェア この記事についてLINEで送る 10/28(水) 8:12 配信 岐阜新聞Web 毒キノコのツキヨタケ(県保健環境研究所提供)…

  • 3度から 15度!降水確率20%!

    7時半に起きる! ANAホールディングス 過去最大5100億円の赤字見通し 2020年10月27日 15時09分…

  • (no subject)

    1階のお昼寝スペース! 蟹はたくさーんあったので主人がお正月きたら食べられるように半分残しておきました!  今日は朝4時半起きで、お昼寝ができなかったせいか眠くて眠くて仕方ない!…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments