Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

 水着型のコスチュームを洗濯機に自分の洗濯物と一緒に入れて洗濯し乾燥機にも入れたカイ君は去って行く。

 物理的に水着型コスチュームは花ちゃんはすでに洗っていて、洗濯機から取り出すのを忘れていて(忙しすぎて)、2度洗いしたことになる。

 プロ選手の試合用のコスチュームはレオタ-ルとも言われ、汗はもちろん血でも汚れるので洗濯機で洗うのは日常的なものなのでそれで、着れなくなることはないという解説もあるが、実際に、この洗濯機で縮み乾燥機で色褪せたのは本当の事件で、やらせではないと言う。

カイ君は全てに甘い未だ表舞台に出てないハ-フの青年だ。

22歳から24歳くらいのコメディアン志望の青年は絵も描く。
 アルバイトで食べてるが、お金もないのに京都に行ったり、使用したお金はプリクラの400円のみで、お金持ちの青年実業家が帰りの新幹線代は出したりしてたがわざわざロシア人の女の子がカイ君にお説教をする。まあ、外国人なのでハッキリ言うこと!

 若者は多くは、現代美術家や画家のほとんどは、22、3歳の頃は本業で食べれない。

「ひも」と言う言葉も使われたが、高校中退して、18歳から血を流し骨折しながら体を張ってプロレスラーの道を歩んできた花ちゃんから見れば、甘いことこの上なく、花ちゃんの恋のきもちも京都旅行で一気に醒めた。

 カイ君は卒業と言う形で自分からシェアハウスを出て行くが、花ちゃんに前から描いていた自作の絵を渡して出て行く。

 形の上では和解して、花ちゃんもカイ君をおくりだしている。

 ハグはできないが握手は交わした!

 テレビ的には是で終わりで、欠けた男性メンバーのかわりに次のメンバーが入って来る。

 タレントがゲストを加え彼らの行動に意見を述べるが、若さだろうか?タレント達が素人より、美しくも可愛くも格好良くも見えない。
素人達(モデルや女優の卵やプロのスポ-ツ選手とか)はじつに洗練している!
























🔑🔑🔑🔑🔑
 問題はこの後に書き込まれた花ちゃんへの誹謗中傷のコメント欄だ!
花ちゃんの怒り具合が良くないというのだ!

 花ちゃんが本当に苦しんだのはテレビの「テラスハウス」のうその作り方だったかもしれない。

それが誹謗中傷を招いたのだが、花ちゃんはテレビ演出上、可愛いファッショナブルな登場から怒りに燃えた時は、プロなら当たり前だがスッピンでボブの頭で、ヒ-ルレスラー特有の言葉使いに変わっているのだ!

 WWEで未来は輝けると思われた花ちゃん!
WWEは上手にコメディにしているので悪役も悪役らしく実にわかりやすい演技をしているのだが、日本はまだファンも混同してしまうほど洗練されてない!

花ちゃんより身体能力の劣った身長150センチ代の日本人女性がWWEで活躍しているのを観ると(花ちゃんの自殺のニュ-スの後に観た!)花ちゃんの国際的活躍を観たかったのは私だけでは無いと思う。

 花ちゃんのお父さんはインドネシア人で、花ちゃんが生まれて3か月後に離婚してインドネシアに帰ったと言う。

 花ちゃんはお母さんがプロレスラーとして、体を張って血を流し職業とは言え、骨を折り、殴られ、罵倒されながら育てられてきたのだ。

 花ちゃんはそれを観て傷つくような女の子だった。食べるためにお母さんも必死だったのだ。

 花ちゃんはほんとうは音楽の道へ進みたかったのだという。

 しかし、音楽の道で頭角をあらわすのは至難の技だ。

 音楽の道も厳しいのだ!

 花ちゃんが実力もかわいらしさも有り東京ド-ムで優勝して輝けるのもプロレスラーの道だからだ。

花ちゃんのかっていた猫も保護猫だ。

 花ちゃんは多くの辛い体験を耐えてきた。

 アジア人との混血で浅黒い。
母子家庭。
かっては、良いイメージで無かった女子プロレスラーの仕事。

そんな克服しなければならない多くの偏見と闘って勝ってきたのだ。
 しかし、当然の権利とも思われる怒りに、観客は誹謗中傷をした。

 見えない敵に花ちゃんは疲れたのか?

私も泣いてしまう。

 皆!花ちゃんほど頑張ってないのだ。

 花ちゃんの怒りはわからない。

 カイ君のいい加減ないい加減な生き方への怒り。

 日本人の多くは生ぬるく生きていて真剣に生きてる人間が好きでない。

 カイ君の芸に対するおだやかなアドバイスは人生の勝ち組である実業家で京都での出費の多くを支払った男性が話した。

 知恵も年齢もあるので穏やかに愛情満ちて、恥をかかせない。

まっちゃんが「自殺する人間が一番悪い」と言った。

それも1つの正論だ。

 それも愛情の一つだ。

 自殺したいと思っている人に言ってるのだ。


 花ちゃんは下働きも良くしたし、レスラー仲間とも仲良くしてたし、死ぬ前だってお母さんへの「生んでくれて有難う」と言う言葉を思いやりこめて書いている。
 お母さんも産む前に苦しんだのかもしれない。

 生きることは苛酷だ。

花ちゃん、頑張ったね。
 神様も花ちゃんに多く与えた十字架を知って抱きしめてくれただろう。
 花ちゃん、天国で安らかに暮らして下さい。

 日本人が成長するきっかけを残して、皆が成長したら、花ちゃんも救われるだろう。

 人間界には卑怯な狡い者もたくさんいるし、学ばなければならない愛することがたくさんある。
 
 花ちゃん、可愛くて綺麗で素敵だった!





「週刊文春」



「週刊新潮」






昨夜のお湯に熱湯60度を注いでお風呂に入りました!


 今朝は3時半に起きてしまったので早く寝ましょう!
Subscribe

Recent Posts from This Journal

  • -1度から12度!晴れ!

    気温が0度でびっくり! 6時半に起きる! ❇  昨日のご飯の残りが最高に美味しい! ❇ 今夜のご飯! ❇ 土を買いに行かないと。  さすがに重くて運べないのでタクシーを呼びました! ❇…

  • 4度から8度!晴れ!

    9時半に起きる! 夜中の3時に起きて4時に寐たので最高!  絵を描くために外でセットアップしたが、雨が降ってきたので再び室内に運び込んだ! ❇  娘がコ-ヒ-とクリ-ムを持ってきてくれた! いつ描いたのかなあ? ❇ 2階のベッドで今、読書!…

  • 5度から12度!晴れ!

    2時半に起きてしまった! 下着が汗びっしょり! 着替えてもう一度寝ます! ❇ 欧州の1日の新型ウイルス死者数、前週より40%増加=WHO 2020年10月28日 11:53 People walk in Moscow's Red Square amid the Covid-19 pandemic…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments