Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

NYでも暴動 黒人死亡事件
Noriko. F Noriko. F
17時間前


まとめ】

・米、黒人差別による事件が多発し、各地で暴動が発生。

・過去にも黒人差別に端を発した大規模な暴動が幾つかあった。

・暴動などの背景には高い失業率や不況による生活不安が根底にある。



アメリカで新型コロナの次に、話題になっている話といえば、各地で起きている黒人差別、と捉えられる数々の事件と、暴動である。

今年2月に、ジョージア州でジョギングをしていた黒人青年が、「強盗事件から逃げる途中の犯人と思い込んだ」と主張する白人親子に射殺された事件があった。白人親子はその主張だけで釈放されたが、その後、事件を撮影した動画で、青年を射殺した動機が黒人であった、という理由だったらしいことが分かり、2人は5月7日に逮捕されるに至った。事件そのものが人種差別に基づくものであったことに加え、白人の犯人に対して積極的に捜査を行わなかった捜査当局の対応が人種差別的、という批判も全米に広がった。

先週25日にはニューヨーク・セントラルパークでバードウォッチングをしていた黒人男性が、散歩紐をつながず犬を散歩させていた白人女性を注意したところ、女性は携帯電話で「アフリカ系アメリカ人が私と私の犬を脅している」と警察に通報、その模様を撮影した動画が拡散し騒ぎとなった。

そして同じく25日。

ミネソタ州ミネアポリスで偽札使用の容疑をかけられた黒人男性が警察に身柄を拘束される際に、警官が膝で男性の頸部を8分間以上圧迫した末、男性が死亡する、という事件が起きた。

本人が「息が出来ない。どうかどいて下さい」と懇願しているにもかかわらず、警官は両ポケットに手を突っ込み、得意げになっている、とも見える動画が拡散。加えて現場対応にあたった白人警官4人が免職されただけで、逮捕にまで至らなかったことで市民の怒りが爆発。大規模な暴動事件に発展してしまった。

その後暴動は収まらず、全米各地に飛び火。

ニューヨークでも、ブルックリンのバークレーセンター前などで起きた抗議運動が暴動に発展、今日までに550人が逮捕される事態になった。

これには心底驚いた。

抗議活動はさらに規模を大きくして今日も続いている。

全米に飛び火するようなデモがニューヨークで起きた時でもここでは常に行動は平和的でありつづけて来た。それがニューヨークが誇ってきた理性であり、誇ることができるものであった。何回も取材に出かけた大規模なデモや抗議運動でも、近年は暴動などにまで発展することはなかったと記憶する。

それが今回は暴動に発展してしまった。警察車両が燃やされるなどしたが、警官が乗っている車両にモロトフ・カクテル(火炎瓶)を投げ入れた人物が逮捕されるなど暴力行為をエスカレートさせるために用意周到な者もいて、暴動の背景には扇動者の影も見え隠れする。

よく覚えている大規模な暴動といえば、何と言っても1991年のロドニー・キング事件に端を発したロサンゼルス暴動である。この事件はもはや歴史的な出来事として記憶されている。





▲写真 ロサンゼルス暴動の後 出典:Flickr; Mick Taylor

この事件も黒人であるロドニー・キングが交通違反を犯し、取り締まりの際に20人以上の白人警官に殴る蹴るの暴行を受け、その模様が携帯電話もない時代に市民のビデオカメラによって撮影されていた映像がテレビで公開されたことが発端で、黒人市民の怒りに火がついた。今回のミネアポリスの事件と同じ構図である。

結果、白人警官3人がとヒスパニック警官1人が起訴されたが、警官らによる暴行により、ロドニー・キングが重傷を負っていたにも関わらず、白人のみで構成された陪審員が、1年後の年後の1992年4月に、4人に対して下した無罪の評決は、12000人以上が逮捕、死者を70人近く出した黒人を中心とする大暴動を発生させるには充分の内容であった。

記憶する中でニューヨークで起きた最後の暴動はロス暴動から半年以上前の1991年夏に起きた「クラウンハイツ暴動」である。この事件もロス暴動と同じく人種問題に端を発している。

ニューヨーク・ブルックリンの舗道で黒人少年がユダヤ人が運転する車両にはねられ、運転していて怪我を負ったユダヤ人男性が優先的に救助され、あとから病院に運ばれた黒人少年は死亡したため、対応が人種差別的と感じた黒人市民の怒りに火がつき、3日間に渡る大規模暴動に発展した。

あれから30年近く。

その後、ニューヨークで暴動が起きることはなかった。

おととい、所用で行った先でやたらと人が密集している一角があった。

近づいて見るとラテン系の若者が音楽をかけ、クルマを道路の中央に停め、道路を占拠して騒いでいる。ソーシャルディスタンスなど無縁の世界だ。黒人・ラテン系の若者にソーシャルディスタンスを守らないものが多い、と州知事が会見で言っていたが、それを目の当たりにした。

あっという間に交通渋滞が起き、誰かが通報したのか、ほどなく警察が到着した。

駆けつけた警察を見て逃げ出す者も入れば、わざと車両を移動させず、わざと違反切符を切られるがままにしているものもいる。

彼らの自己中心的なの行為には呆れたが、決まりを犯しているのを承知で大騒ぎしている彼らを見ていると、もう日常の我慢が限界に来ているのであろう、という点は推測できた。

今回の一連の暴動や、ロス暴動などの背景を考えた時、通底しているのは、高い失業率や不況による生活不安だ。そしてその結果、いつも底辺で差別を受ける側が、割りを食う事になってしまう。





▲写真 NYにおけるボルチモア黒人男性死亡事件に対

問題は彼らだけのことではない。

誰もがコロナ禍で毎日の生活の不安を感じ、我慢することだけで不安を抑えこむしか方法がなく、そういう日常から抜け出したい人々の気持ちが、はけ口として暴力や過激な行動につながってきていると感じる。

次々とネット上にアップされるデモの映像も異様だ。警察の暴力行為も相当、目に余るものも多い。コロナ対策で市民と協力関係にあったデブラシオ・ニューヨーク市長が暴力行為には警察力で対応すると表明し、互いの信頼関係にヒビが入る事態にもなりかねない。

これらは昨日までのアメリカではない。

アメリカ社会が壊れかけてきている。ミネアポリスの事件はきっかけに過ぎなかった。

デモはこれからも広がっていくことだろう。

トランプ大統領は、自治体の要請があれば軍を出動させる用意があると言っている。92年のロス暴動ではその規模が大きすぎてロサンゼルス市警だけでは対応できず、最終的には陸軍や海兵隊が投入された。

暴力を暴力で抑えこんだ30年前に戻るしか道はないのか。

皆が抱えている先が見えない不安感。それらが拭われる日が来ることはあるのだろうか。




▲動画 「NYでも暴動 黒人死亡事件」(Japan In-depth Youtubeより)

トップ写真:ミネソタ州での暴動のあと 出典:Flickr; Lorie Shaull

タグ:ニューヨーク, ミネアポリス, ミネソタ, ロス暴動, 柏原雅弘, 黒人


柏原雅弘(ニューヨーク在住フリービデオグラファー)





【まとめ】


・新型コロナウイルス感染症の中心地はアジアからヨーロッパへ。


・NYではアジアでの感染が減っていることは伝えられていない。


・アジア系住民への差別が顕著に、90年代に逆戻りしないか危惧。








たったこの3週間で自分がいる世界が天と地ほども変わってしまった。


私が住むニューヨークでは、映像の撮影という私の仕事柄、3月、4月はイベントも多く、例年ならご多分に漏れず、忙しい毎日が続くはずであった。


3月に入って事態は急に進行した。


3月初旬のアメリカでは中国に続く感じで日本や韓国で感染者が多く発生したことが報道されており、今から考えると信じられないが、ニューヨークでの感染者は公式にはゼロ、と伝えられていた頃だった。私にすでに入っていた日本からの仕事のオーダーは全部キャンセル。そして事態が自らの貧相な想像力とは違う方向に動いて来たのもこの頃である。


それは私が取材するはずのオハイオの大学から、私が日本人であることを理由に、遠回しに取材を遠慮してもらうよう通知を受けたのが発端だった。


あの頃は人種差別的に感じたが、今考えると先回りした合理的な判断だったと思わざるをえない。


あれからまだ3週間も経っていないのだ。





当初は中国を中心とするアジアの感染者(日本でのクルーズ船の発生も含む)の数が圧倒的だったものの、あっという間にその中心地はヨーロッパへ。そしてニューヨークも例外ではなかった。




写真)デブラシオ・ニューヨーク市長

出典:Photo by Gage Skidmore





数日前の記者会見でデブラシオ・ニューヨーク市長は言った。


「今やニューヨークはこの危機の震源地(epicenter)である」


ここのところ毎日、デブラシオ市長、クオモ・ニューヨーク州知事、トランプ大統領の会見がすべて生放送で流れていて、毎日のようにあらたな発表があり、もはや当然のように良い発表はなく、今日はまたどんな悪いことが急に発表されるか構えながらテレビに見入っている。





イタリアで感染による死者が爆発的に増えているのが報道されても、アジアでの感染が減っている事実はこちらではほとんど報道されない。そのせいではないとは思うが、中国を中心としたアジア人がいまだにアメリカでウイルスを撒き散らしている、という、いわれなき差別が少なくともここニューヨークでは以前より増えてきていると感じる。




写真:ニューヨーク市(イメージ)


先日も6歳になる息子(6才、日米国籍、アメリカ生まれ)が公園で遊んでいて咳込んだ。近くにいた数人の女子高生が「アジアのガキが咳をした!」と言って全員が胸元のセーターの襟を持ち上げて口をおおう。地下鉄で息子が軽く咳をすれば少し離れた席の初老の白人男性が胸元で十字を切って顔をおおう。昨日は妻が白人男性2人に「中国人が世界を壊した!帰れ!」と言われた。


ここ数日でこの手の話が多く耳に入ってくる。日本人以外のアジア人が暴力的な目に遭った、という話も聞こえてくる。被害者は圧倒的に女性が多い。


この先、新型コロナを口実にしたストレスのはけ口として
この先、新型コロナを口実にしたストレスのはけ口として、アジア人への差別が増えないか心配している。





ニューヨークは「人種のるつぼ」であると同時に、特にトランプ大統領になって以来、今まで見えなかったが潜在的な差別意識を持っている人も多くいると肌で感じてきた。


私がニューヨークにやって来た90年代初頭は、これが公民権運動を経験したアメリカか、と思うほど、ニューヨークでは普通に人種差別が横行しており、黒人差別は言うに及ばず、ユダヤ人差別、アジア人差別もあり、私自身もそういう目に遭ってきた。


差別する側は、他者を下に見ることによって自身の優越性を確認して満足感に浸る。差別される側は、他者の成功を妬み、自分たちが社会から不当に扱われていると強く反感を抱き、場合によっては暴力的な行動に出る。





それが21世紀に向かっていくに連れ、徐々に目に見えなくなるまでに減ってきたのは、ジュリアーニ元市長による犯罪撲滅運動の成果が大きいとされるが、その要因としての景気の影響は無視できないと感じる。


90年台のニューヨークは差別と暴力が街を支配していたのではなく、個人的な感想ではあるが、不況によって犯罪や差別が多く引き起こされていた印象が強い。


そして現在である。


ニューヨークという場所柄、私も含め、会社という拠り所をもたない住人はほぼすべて、一瞬にして職を失った。来月分の家賃はおろか、ガス電気などの公共料金、電話代すら払えない人が膨大な数に及び、すでに毎日の生活が成りたたない住人もいると想像できる。


この先あっという間に人々の生活が崩壊した結果、90年台のような差別や暴力がまかりとおるような都市に逆戻りしてしまうのではないかと強く危惧している。





先日、通りかかりに白人女性から顔にツバを吐きかけられたアジア人留学生がいたと聞いた。そして別の女性がその留学生を見て侮蔑的な態度を取り、叫び声をあげた。


それだけでもひどいと感じるが、彼女は何よりも、それを見ていた誰もが、彼女を助けてくれなかったことが一番恐ろしかったことだと語っていた。


映画「ジョーカー」は架空のゴッサム・シティーの話ではなく、これからの世の中を予言していたのだろうかとさえ、思えて仕方ない。





トップ写真)タイムズスクエア


出典)pxfuel





【訂正2020年3月26日】


本記事(初掲載日3月24日)の一部を、以下のように訂正致しました。


誤:「今やニューヨークはこの危機の中心地(epicenter)である」


正:「今やニューヨークはこの危機の震源地(epicenter)である」





誤:それを見ていた誰もが、彼女を助けてくれなかったことが一番恐ろしかったことだと語った。


正:それを見ていた誰もが、彼女を助けてくれなかったことが一番恐ろしかったことだと語っていた。
Subscribe

Recent Posts from This Journal

  • 5度から12度!晴れ!

    2時半に起きてしまった! 下着が汗びっしょり! 着替えてもう一度寝ます! ❇ 欧州の1日の新型ウイルス死者数、前週より40%増加=WHO 2020年10月28日 11:53 People walk in Moscow's Red Square amid the Covid-19 pandemic…

  • テレビのアンテナを直す!

    毒キノコの食中毒相次ぐ 「見分け困難」県が注意喚起 0 この記事についてツイート この記事についてFacebookでシェア この記事についてLINEで送る 10/28(水) 8:12 配信 岐阜新聞Web 毒キノコのツキヨタケ(県保健環境研究所提供)…

  • 3度から 15度!降水確率20%!

    7時半に起きる! ANAホールディングス 過去最大5100億円の赤字見通し 2020年10月27日 15時09分…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments