Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

3時に雷がなって、雨が降ってきた!


















 少し休憩!


 冷や麦は懐かしい!
父方の祖父の家で取ってくれたお昼は、冷や麦で缶詰のみかんとサクランボが入っていた!

 小夏!


 雷がなって、風が強くなり、キャンバスはつないである梯子脚立ごと、3回も前屈みに倒れました!
 目の前で、2回目は手で受け取り、3回目はおもちゃ箱の上に被ってきたので、絵の被害はなかったです!






 5時半から6時まで、30分くらい寝たようです!

https://youtu.be/oHwXeXVHg2o

 この本は、引きこもり経験者の手記が多いのですが、人権や差別、偏見、誤った社会通念と個人とのギャップなど、重く、深い主張が一杯で考えさせられました!

 先週の土曜日の夜に16人の体験者や研究者が、ひとり7分づつ話されたのですが、この方達の話しぶりや手記の質はとても高いもので、引きこもり経験者のイメ-ジの持つマイナーの要素はまるで感じられなかったのです。

 当時者達も、言葉にする能力の高くない人の声が欠けているとありました。

 引きこもりの原因は、親との関係、学校での体験などで加害者を恨むと言う人や復讐するために学校で動くと言う人は、引きこもりにならないようで、文章では、専門家への批判や不当性を書いてある方もいますが、皆、おとなしく、お行儀の良いかたたちが多いと言う印象です。

 でも、何年か経て、克服し、他者を救うと言う生き方をしている人達も失った青春や社会的不利さを語っています。

 皆が、幸福で、生き甲斐のある人生を探すまで、今日の世界の人種問題や権力の不当性を見つめることを、やり続けないと!

洗って、使えます!

Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments