Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

15度から24度!晴れから曇り!降水確率40%!信濃町からコロナウイルス陽性者が!


 3時のラジオ「防災信濃」によると、信濃町役場の人で東京に滞在期間があり20代の女性。
 誰にでもかかる可能性があるので差別偏見はよしましょうとのこと!

秋!
7時に起きる!








マスク!
こっちのほうがいいね!


9時50分から
長野ロキシーで!
作者から
https://youtu.be/WWMF3gPD6ZY








今世紀最大のベストセラー経済学書
「21世紀の資本」待望の映画化!
貧富の差はなぜ広がっているのか…その秘密を暴く!!

著名な経済学者とともに、本で実証した理論を難しい数式など一切使わずに映像で表現した。映画では、『ウォール街』『プライドと偏見』『レ・ミゼラブル』『ザ・シンプソンズ』などの映画や小説、ポップカルチャーなどをふんだんに使って、過去300年の世界各国の歴史を“資本”の観点から切り取る。

「働いてもお金持ちになれないのはなぜか?」、「社会の何を変えなければいけないのか?」21世紀を生きる私たちが知らなければならない最重要課題が次々と明らかに。世間に渦巻く格差社会への不満や政治への不信感、誰も正しく教えてくれなかった答えがこの映画にある!昭和の高度経済成長や平成のリーマン・ショックの真相にも迫る日本人必見の経済エンターテインメント!







『21世紀の資本』(2019年/フランス=ニュージーランド/英語・フランス語/103分/カラー/シネスコ/5.1ch)
監督:ジャスティン・ペンバートン 
監修:トマ・ピケティ 
製作:マシュー・メトカルフ 
編集:サンディ・




2014年に日本でも発売され一大ブームを巻き起こした経済学書「21世紀の資本」。フランスの経済学者トマ・ピケティが出版し、史上最も重要な経済学書として世界中から称賛を浴びた。しかし、700ページという超大作のため、完読が難しいというのも有名な話である。そこで著者のピケティ自身が監修から出演までこなし、一般の人も五感だけで理解できるよう完全映画化!




2014年に日本でも発売され、ブームを巻き起こしたフランスの経済学者トマ・ピケティの同名経済学書を映画化した社会派ドキュメンタリー。35カ国で翻訳され、経済学書としては異例の300万部という売り上げを記録したトマ・ピケティの「21世紀の資本」を、著者のピケティ自身の監修、出演で映像化。700ページを超えるため、完読が困難とも言われるこの本を専門家でない一般の人も五感で理解できるように難しい数式などを用いず映像で表現していく。「ウォール街」「プライドと偏見」「レ・ミゼラブル」「ザ・シンプソンズ」といった映画や小説、ポップカルチャーなどを使った構成で、「資本」の観点から過去300年の世界各国の歴史を切り取っていく。フランスのエレクトロポップデュオ「エール(Air)」のジャン=ブノワ・ダンケルが音楽を担当。

キャスト
トマ・ピケティ
ジョセフ・E・スティグリッツ
スタッフ
監督
ジャスティン・ペンバートン
製作
マシュー・メトカルフ
原作
トマ・ピケティ
スタッフの続きを見る
作品データ
原題 Capital in the Twenty-First Century
製作年 2019年
製作国 フランス・ニュージーランド合作
配給 アンプラグド
上映時間 103分
映倫区分 G
オフィシャルサイト
注目情報
TENET テネットの注目特集
TENET テネットNEW
「映画鑑賞は家で満足」…じゃないんです! “究極の体験”は、やっぱり映画館で!


映画レビュー
レビューする
新自由主義万歳!合法的脱税万歳!
昨年、消費税が食料以外10%に上がりましたが、消費税が3%で導入された1989年以降、法人税は下がり出してるんですよね。2008年には、消費税の税収が法人税の税収を上回りました(興味のある方は検...

ミカさん
ミカ
4.02020年9月1日
【近現代史を"資本"の在り方を通して描く。"中産階級の没落"がもたらす格差の拡大に警鐘を鳴らす作品でもある。】
「原作既読」  ・物凄く、ザックリ言うと、”資本収益率は経済成長率を上回る・・”。  ”このまま、行き過ぎた資本主義を野放しにしていると、18~19世紀のような大格差時代に、逆行してしまうよ・・...


 この頃はお茶をこうして持って出かけてます!




朝ご飯を食べてこなかったので、スターバックスでハムandチ-ズとホットドッグパイとアイスコーヒーを買って、映画館でハムandチ-ズを食べて、北しなの鉄道でお昼にホットドッグパイを食べてます!




 minaでgo to shoppingの国策で3万円で5万円の買い物のできるチケットを買ったので細々としたものを買う!

 ダイソーで濡れティッシュと絵の具入れのプラスチックケ-スを買いました!

カ-ド入れ!





 3時過ぎにコテ-ジに帰る!
今日は黒姫駅で降りて、2度に分けて階段を上り下りて、荷物を運んだ!
 時間的には妙高高原駅まで行って折り返すより相当節約できる!
 今日の荷物はプラスチックケスが嵩張って大きいがそれほど重くはないのだ!


 富山のチューリップが届いていた。


 映画はフランス革命の時代の格差より、現代の格差の方が厳しいと言っているようでした。

 この世界の大きな問題のある貧富の差を多くの映画のシ―ンから取っているために視覚的に明確な見せかたと、コラージュのように写真の切り抜きが遊びに満ちているので、深刻過ぎる状況が、現象的に人類の滑稽な知性がなんともかなしく、どうしたら人類は聡明になれるのか絶望的にもなりました!
















 これも観たい!




Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments