Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

13度から20度!降水確率30%!

お買い物バスの日!

鉛筆削りが開かないのでnetで検索!



 喉頭癌で亡くなる。



詐欺にひっかかる。











私の非常時セット!





電気釜が壊れた!




おはぎの名前!
ぼたもち(牡丹餅)とおはぎ(御萩)の関係については諸説ある。

春のものを「ぼたもち」、秋のものを「おはぎ」とする説[6][7]。
語源については、それぞれ、「ぼたもち」については牡丹の花に似せてこれを見立てたものであるとする説があり[8]、「おはぎ」については萩の花が咲き乱れている様子に見立てたものであるとする説がある[9][6]。その上で春のものは「ぼたもち」、秋のものは「おはぎ」と名前が異なっているだけであるとする説がある[6][10]。
なお、東京では春秋ともに「おはぎ」と呼んでいたとの指摘がある[6]。
もち米を主とするものが「ぼたもち」、うるち米を主とするものが「おはぎ」であるとする説[6]
餡(小豆餡)を用いたものが「ぼたもち」、きな粉を用いたものが「おはぎ」であるとする説[9]
その他の説
「ぼたもち」は、ぼたぼたした感じに由来するという説[9][8]。
『物類称呼』(1775年)では「おはぎ」は「女の詞」であるとする[3](女房言葉を参照)。
また、地方によって

こし餡を使ったものをぼたもち、つぶ餡や煮た小豆そのままを使ったものをおはぎ(逆の場合もあり)。
サツマイモを使った物をぼたもち、餡を使ったものをおはぎ。
二口程度で食べられる小さいものをおはぎ、それより大きいものをぼたもち。
とするなど、さまざまな場合がある。

小売店等では春に「おはぎ」、秋に「ぼたもち」として名の由来とは逆で販売しているところもあり、また食材事典などでは食品としては同じものであり「ぼたもち」と「おはぎ」は名前が異なるだけで同じものを指すものとして扱われている場合も多く[11][10]、ぼたもちとおはぎとの区別は次第に薄れている。

季節ごとの呼称 編集
上記の「同じ物を春はぼたもち、秋はおはぎと呼ぶ」とする説では、(現代ではほとんど使われていないものの)夏と冬にも正式な呼び名が存在する。ここでは季節ごとの「ぼたもち」の呼び名とその由来を挙げる。

春 牡丹餅
牡丹の花が咲く季節、すなわち春の彼岸に、神仏や先祖への供物とされた小豆餡の様子を、牡丹の花に見立てたことから。和漢三才図会には「牡丹餅および萩の花は形、色をもってこれを名づく」と記されている。
夏 夜船(よふね)
ぼたもちは、もちと作り方が異なるため、「ペッタン、ペッタン」という音を出さずに作ることができ、隣に住む人には、いつ搗いたのか分からない。そこで、
「搗き知らず」→「着き知らず」
と言葉遊びをして、夜は暗くて船がいつ着いたのか分からないことから。
秋 御萩
牡丹餅と同じく、小豆餡の様子を秋の彼岸の時期に咲く萩の花に見立てたことから。
冬 北窓(きたまど)
夜船と同様に、
「搗き知らず」→「月知らず」
と言葉遊びをして、月を知らない、つまり月が見えないのは北側の窓だ、ということから。


冬は北窓。













おはぎを買う!


 お昼にお萩!

栗のム-ス!


 今日は家の中は寒いけれど外は暖かかった!
電気釜は4連休後の水曜日に出かけることに!

 モグラ除けとコスモスとチューリップの球根を買ってきました!


 4時までお昼寝しました!

 電気釜が壊れたので、私はお焦げの上に鰻をのせ、娘は鰻が嫌いなので豚肉のしょうが焼きと赤飯、なめこ碗にしよう。




森の死海のバスソルト!
秋から夕飯を7時半にしたので湯上がり後が長い!
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments