Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico



横山 操(よこやま みさお、男性、1920年(大正9年)1月25日 - 1973年(昭和48年)4月1日)は、新潟県西蒲原郡吉田町(現・燕市)出身の日本画家。多摩美術大学教授。昭和を代表する日本画家である。[要出典]

横山 操
Yokoyama Misao bijutsu-techo 1960173.jpg
1960年の横山
生誕
1920年1月25日
新潟県西蒲原郡吉田町(現・燕市)
死没
1973年4月1日(53歳)
国籍
日本の旗 日本
教育
川端画学校
著名な実績横山の作品は煤や石灰などを画面に擦り付け、力強く轟くような漆黒と、そこからにじみ出てくるような鮮やかな色が特徴であるとされる。見た目には洋画に近い作風ともいえるが、日本画である。また、同じく昭和期に活躍した加山又造とは懇意であり、荒々しく力強い横山と対照的に、静謐な線による構図や伝統的な花鳥風月などを取り入れ、日本画の王道を歩んだともいえる加山であるが、お互いを認め合いライバルとして日本画壇をリードしてきた。[要出典]

年譜 編集
1920年 ‐ 新潟県西蒲原郡吉田町(現・燕市)に町医者の私生児として生まれる。その後、横山家に養子に出される。名前の“操”とは出生と関係があるとする説もある。
1934年 ‐ 洋画家を志し上京し、洋画家の弟子となる。ポスターや看板描きなどで生活を立てながら洋画を学ぶ
1938年 ‐ 第25回光風会展に油彩画の『街裏』が入選するもその後、師の勧めにより日本画に転向する
1939年 ‐ 川端画学校日本画部の夜間部に入学する
1940年 ‐ 当時もっとも新表現に先取的存在であったとされる青龍社(川端龍子が中心的人物の会)の主催する第12会青龍展に『隅田河岸』が入選。しかし、その後徴兵・召集される。
1945年 ‐ シベリア抑留に遭う。カザフスタン辺りで石炭採掘の工員として強制労働をし、そのときの情景や想いなどが、後の横山の作風に影響されたとされており、『カザフスタンの女』等に当時の印象を色濃く残している
1950年 ‐ 復員し、帰国する。戦争で中断していた制作を再開する
1951年 ‐ 杉田基子と結婚する
1956年 ‐ 初の個展を銀座で開催する。『炎炎桜島』で青龍賞を受賞
1957年 ‐ 東京都台東区谷中の五重塔が無理心中の男女によって放火、炎上。消失後のその様子を描く(『塔』)
1960年 ‐ 自らの作品を焼却する。またこの頃から『赤富士』の連作が人々の人気を集め、一躍有名画家となる
1962年 ‐ 日本画の新たな表現を目指し、青龍社を脱退する
1963年 ‐ これまでとは違う新生横山としての第一回個展・越後風景展を開催する
1966年 ‐ 多摩美術大学日本画科の教授に就任し、多くの日本画家を育てる。そのときに「被害者になるな、加害者になれ」という自らの生き様を彷彿とさせるような言葉で指導し、また、生徒達に人望があった[要出典]
1971年 ‐ 酒の飲みすぎにより(大変な酒豪でもあった)脳卒中で倒れ右半身不随となる。回復後は左手で制作を続けた
1973年4月1日 ‐ 新作の制作途中に没(享年53)。
代表作 編集
『ウォール街』(1962年東京国立近代美術館蔵)[1]
『グランド・キャニオン』(1961年新潟市美術館蔵)
『塔』(1957年東京国立近代美術館蔵)[2]
『富士雷鳴』(1961年)
『カザフスタンの女』(1951年) 
『瀟湘八景』(1963年三重県立美術館蔵)
『越路十景 蒲原落雁』(1968年山種美術館蔵) など。
関連項目

美術手帖
生誕100年記念 日本画家 横山操展
新潟市新津美術館
2021.01.23 - 02.14, 2021.02.16 - 03.21

行きたい
10

行った
0













「生誕100年記念 日本画家 横山操展」が新潟市新津美術館で開催。県内では約20年ぶりの大規模回顧展となる。

 新潟県燕市(旧・吉田町)出身の横山操(1920~1973)は、戦後の日本画壇の風雲児と称され活躍した日本画家。豪放かつ大胆な作風は、当時の日本画壇、そして後に続く作家たちに大きな影響を与えた。そのいっぽうで、繊細で叙情豊かな作品も残している。

 はじめは洋画家を志して14歳で上京し、後に日本画へ転向した横山。20歳で川端龍子が主宰する日本画団体・青龍社の第12回展に《渡船場》を出品。その後召集され、捕虜生活を経て帰国する頃には30歳になっていたが、再び青龍社に所属して制作を再開した。意欲的で大胆かつ豪放な大作の作品を発表し、青龍社で受賞を重ねて将来を嘱望されるが後に脱退。晩年は病に苦しみながらも筆をとり、叙情あふれる色彩豊かな作品や水墨画など、意欲に満ちた作品を描き続けた。

 本展では、戦前に川端画学校で勉強し制作した青龍展入選作の《渡船場》や戦後の青龍展での出品作を展示。画家の代名詞とも言える大作に加えて、これまでの「横山操展」では公開されることの少なかった小品や素描を紹介し、豪放でありながらも繊細な画風で日本画壇に新風を巻き起こした横山の、「知られざる一面」に光を当てる(前期・後期で一部作品の展示替えあり)。


コ-ヒ-を持ってきました!

今、長岡!
























 実質の絵画時間は20年くらいだと言う!

5時40分 柏崎!
6時10分 直江津!
6時23分 上越妙高!









さすがにホ-ムは寒い!
幸いコテ-ジから持ってきたコ-ヒ-は暖かい!



































Subscribe

  • (no subject)

    セブンイレブンからチューリップの球根代を送金! 6時37分の学童バスで! ☆  今日は、冬の家のキッチン食器棚を娘と組み立てます!  娘が撮ってくれた!  二人で頑張って3時頃完成!  長野駅で落ち合って8時40分のバスに乗って9時頃から、始めました!…

  • 雨が降りそうでないので、3時から7時までワ−クをする!

    絵の具もきれ、筆洗油もなくなりました! 買わないと!😊 ☆   疲れていたのでしょう! 湯上がり、パジャマに着替えて、1階のソファーの上で11時まで寝てました!  

  • 今日は降水確率90%の雨のようです!

    6時に起きました! 室内では、断捨離をしてるのですが、なかなか時間がとられます!  今年はチュ-リップの球根を乾かして、秋に埋めようとしているのでその準備もしてます!  冬の写真を載せてみました!  季節のそれぞれの美しさは、絵に残しておきたいもの!…

  • Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments