Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

今日も充実!日が暮れて!

 今日は2時頃に、コンビニに行ってカートを木曜日の午前中に着くようにヤマト宅配便手配をして、コテージの浄化槽代も支払いました。

 帰ってきて、その足で今度は私の秋のスーツを1組と主人のワイシャツ3枚出しに白洋舎に行き、信用組合銀行から電話がかかってきたので通帳記入したのです。

☆「もしもし、信用組合ですが?」
「はい、私ですが。」
「普通預金口座の一部を定期預金の方に替えてほしいんですが?」
「私もそうしたいけれど、いくらもないんですもの。今、いくら入ってます。」
「100万ちょっと。」
「そんなにないはずですよ。調べてください。」
「はい、ありませんでした。」
「それに、この間、娘が定期預金から少し出そうとしたときに、春まで待ってと信用組合さんがおっしゃったとかで、私が娘に貸してるんですよ。」
「日常の生活費に使っている口座ですから、私も定期に入れても出したいですよ。」
「はい。」
「まあ、余裕でもできたら、考えておきますね。」

☆それで、通帳の記入をしに行ったら、12月分の生活費はまだ入金してないし、娘は私の口座から5万円ほど落としてる。また、請求しなくては!

☆そのあと、目黒アトレで食事の材料や果物や長野に持って行く物を買って重いのでタクシーを待っていたら、一人置いて前に左となりの奥様が!

「奥様、タクシー、シェアしましょう!」と呼びかけて、一緒に乗りました。
もう、高校生のお孫さんのいらっしゃる美しいおばあ様。アメリカの大学を出たんだそうだ!

「私の家の方が遠いから、あなた300円だして。」とおっしゃる。隣ですけどね。

「はい。300円」
こうして仲良く家に帰りました。

☆自宅に帰って、4時ころだったんですけど雑誌を読んで、インターネットで「モーツアルト」帝劇を検索していたら、5時45分からだと書いてあった。

 私は7時からだと思ったけれど。

 それで、急いで鰹の刺身とお赤飯とサラダと言う手抜きのような夕飯をいただいて、着替えて5時には家を出た。ちょうど5分前に着いて、前に見たはずだけどフレッシュな気持ちで天才モーツアルトを観ていた。

☆☆☆


ミュージカル「モーツァルト!」の魅力は何と言っても、生身の人間ヴォルフガング・モーツァルトと、“才能の化身”アマデを幼少のままの姿で表現した画期的な作劇にあります。ヴォルフガングだけに見えるアマデは、言葉を一切話すことはありません。まさに“音楽の才能”そのものであり、モーツァルトを音楽の天才たらしめ、その才能ゆえに、絶望へと追い詰めていきます。わずか35歳でこの世を去った、神童モーツァルトは何百という名曲を残し、現代にも語り継がれていますが、モーツァルトその人を描いた作品は多くはありません。
ミュージカル「モーツァルト!」は、モーツァルトと同じくドイツ語圏で活躍する、ミヒャエル・クンツェ(脚本・歌詞)とシルヴェスター・リーヴァイ(音楽)が創り上げた、人間モーツァルトに迫る感動作です。是非帝劇の客席で体験してください!


タイトルロールのヴォルフガング・モーツァルト役を務めるのはこの2人!

2000年にデビュー。2002年「モーツァルト!」初演からヴォルフガング役として参加。彗星のように現れた、“ミュージカル界のプリンス”。本年デビュー10周年の井上芳雄が、2002年の初演以来4度目のヴォルフガン・モーツァルトとして舞台に立ちます。そして、もう一人のヴォルフガング(Wキャスト)として、今回の2010年版より初参加。2007年「レ・ミゼラブル」のマリウス役で鮮烈な舞台デビューを飾り、若手ミュージカル俳優のホープとして、舞台、TVと活躍の場を広げる山崎育三郎が務めます。
作品を彩る俳優たちは豪華の一言です。厳格なモーツァルトの父・レオポルト役には市村正親。ヴォルフガングの才能を独占しようとする、ザルツブルクの領主・コロレド大司教役には山口祐一郎。モーツァルトの姉・ナンネール役には高橋由美子。3人は2002年初演以来の不動のキャスティングです! ヴォルフガングの才能をいち早く認める、ヴァルトシュテッテン男爵夫人役(Wキャスト)には、2005年から参加する香寿たつきと、2007年の帝劇公演から参加する、涼風真世によるキャストでお贈りします。そして、ヴォルフガングの妻・コンスタンツェ役には、2007年帝劇公演でミュージカル・プレイ初登場を果たし、その表現力と歌唱力の非凡さをあらためて証明した、島袋寛子(SPEED)。キラ星のようなスター俳優達が集結するミュージカル「モーツァルト!」が、2010年の帝国劇場を締めくくります!

ヴォルフガング・モーツァルト(Wキャスト)
井上芳雄/山崎育三郎
ナンネール(モーツァルトの姉)
高橋由美子
コンスタンツェ(モーツァルトの妻)
島袋寛子(SPEED)
ヴァルトシュテッテン男爵夫人(Wキャスト)
香寿たつき/涼風真世
コロレド大司教(ザルツブルクの領主)
山口祐一郎
レオポルト(モーツァルトの父)
市村正親

セシリア・ウェーバー(コンスタンツェの母)
阿知波 悟美
アルコ伯爵(大司教の側近)
武岡淳一
エマヌエル・シカネーダー(劇場支配人)
吉野圭吾

<男性アンサンブル>(五十音順)
安部誠司/大谷美智浩/小野田龍之介/小原和彦/KENTARO/杉山有大/
砂川直人/高原紳輔/寺元健一郎/松澤重雄/港 幸樹/森田浩平/森山大輔/山名孝幸

<女性アンサンブル>(五十音順)
秋園美緒/池谷祐子/石田佳名子/碓氷マキ/華城季帆/樺島麻美/後藤 藍/
鈴木結加里/徳垣友子/名児耶ゆり/穂積由香/三木麻衣子

<アマデ(交互出演)>
黒木璃七/坂口湧久/松田亜美

脚本・歌詞○ミヒャエル・クンツェ  音楽○シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞○小池修一郎
オリジナル・プロダクション○ウィーン劇場協会  製作○東宝株式会社
後援○オーストリア大使館  協力○オーストリア航空
ウィッグ製作技術協力○ADERANS
協賛○読売新聞

<スタッフ>
音楽監督○甲斐正人/美術○堀尾幸男/照明○勝柴次朗/振付○前田清実
歌唱指導○山口正義・小林 仁/音響○大坪正仁/衣裳○有村 淳/ヘアメイク○宮内宏明
舞台監督○廣田 進/演出助手○小川美也子・末永陽一
オーケストラ○東宝ミュージック(株)・(株)ダット・ミュージック/指揮○西野 淳/翻訳協力○萬代倫子
プロダクション・コーディネーター○小熊節子/プロデューサー○岡本義次・坂本義和


☆モーツアルトのはじけ方はなんとなく海老蔵とダブルキャラである。

 休憩になったのが8時10分くらい前か?
 今夜は帰ることにした。

 ダブルキャストで、今日は山崎育三郎さんで、もう1枚の方は井上芳雄さんなので半分ずつ観ることにした。井上芳雄さんはよく観たけれど、山崎さんもパンクなモーツアルトで良かった。

結構疲れが出て眠たかったし。
主人はモーツアルトのファンなので、絵の入っているチョコレートを1缶買った。

 それで、行きと同じJRで帰った。

☆主人の好物をたくさん冷蔵庫に入れておいたので、後で生活費を振り込んでくれるそうです。
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments