Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

厳しい地方の暮らし。

月給最下位は青森県 東京と14万円の差

・厚生労働省は2009年の都道府県別の賃金調査(速報)を2010年1月13日に発表した。
 それによれば、前年と比べて賃金が増加したのが岩手、山形、和歌山、山口、香川、
 佐賀、宮崎、沖縄の8県で、39都道府県が減少した。残業代などを除く所定内給与の
 平均額(09年6月の月額)で最も高いのは東京都の36万2000円。大阪府の31万9800円、
 神奈川31万8300円と続く。

 賃金が最も低いのは青森県で22万2400円。前年最下位だった沖縄県は22万300円だった。
 東京都と青森との差は14万3800円。この調査結果は10人以上の常用労働者を雇用する
 民営の6万2338事業所のうち、有効回答を得た4万6080事業所について集計した。

☆1年前のニュースのようですが、いろいろ考えました。
 これは年齢差はないようです。

 地方に暮らし始めて、地方には収入が本当にないことを知り始めてます。
 それで、少しせこいことをする人がいます。

 理解し始めると無理が無いです。
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments