Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

春近し!

 浅草橋「亀屋近江」のさくら餅。
 6個買って2個姑のところに置いてきた。


 浅草橋はビーズの問屋さんが多いので、少し寄って少し買った。
なかなかお目当てのものはなかった。

 マキイマサルファインアーツで画像建築展が1日だけやっていた。
「画像になった建築・画像しかない建築」

シンポジウムを少し聴いて、展示物を観て帰る。

☆有楽町でゴダールでも観ようかと思って降りたが、今日はその気分で無い。

 JRで五反田に出て、本屋で本2冊。8階のうどんやでかきあげ・うどんを食べた。これがとてもおいしい。
天麩羅であげた薄い野菜はなんだったのだろう?小海老もおいしかった。
やはリ、夕方は体が冷えていたので温かいものが食べたかった。

☆今日の本はこれ!


内容(「BOOK」データベースより)
ぼくの父は画家シャガール。母(ヴァージニア・ハガード)は父のもとから去った。そして「彼女」が現れた…。息子が語る素顔のシャガール。本邦初の貴重なプライベート写真を多数収録。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マクニール,ダヴィッド
1946年、アメリカのブロンクス生まれ。シャンソン歌手のイヴ・モンタン、ジュリアン・クレール、アラン・スションなどの歌を手がける作詞・作曲家であり、自らの名で7枚のアルバムを発表している。子ども向けの本を通じて小説に取り組み、1991年に1作目となる『マドモワゼル・ブルメンフェルドへの手紙(Lettres `a Mademoiselle Blumenfeld)』を出版

宮下 規久朗
1963年名古屋市生まれ。東京大学文学部卒業、同大学院人文科学研究科修了。兵庫県立近代美術館、東京都現代美術館学芸員を経て、神戸大学大学院人文学研究科准教授。著書に、『カラヴァッジョ―聖性とヴィジョン』(名古屋大学出版会、サントリー学芸賞他受賞)など多数

惣田 くみ子
兵庫県芦屋市生まれ。1992年、エコール・デュ・ルーヴル(国立ルーヴル学院)卒業。1994年、パリ第4・ソルボンヌ大学にて美術史学士号取得。 1995年、同大学院にて美術史修士号取得。1996年、同大学院にて美術史博士課程前期、D.E.A.取得。2001年、同大学院にて美術史博士号取得。在学中にルーヴル美術館、オルセー美術館、フランス史跡・文化財博物館、ギメ東洋美術館にて研修。研修中に展覧会の図録作成等に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




内容紹介
35歳からは人生の黄金期。 日々、イキイキと輝いていますか? 自覚し、計画し、行動するために!愚人は自覚すれど、放置する! うなずく人も、うなだれる人も、「経済的基盤」が将来を決します! もうすでにオヤジ世代の入口だ! 自分には何ができて、何ができないかを的確にする。そして、何を目指し、何を手に入れるのか、そして選んだ結果には責任を持つ――それが35歳からの生き方。そこで“お金”です。気づいてますか? 日本経済の10年後、20年後を。いやな問題なのは日本経済よりもあなたの家計。不況だろうがなんだろうが、 40歳、50歳を笑って迎えるために、たくましくしたたかに生き抜く思考法と選択肢を提案する渾身の書。
内容(「BOOK」データベースより)
自分には何ができて、何ができないかを明確にする。そして、何を目指し、何を手に入れるのか、そして選んだ結果には責任を持つ―それが35歳からの生き方。そこで“お金”です。気づいてますか?日本経済の10年後、20年後を。いや問題なのは日本経済よりもあなたの家計。不況だろうがなんだろうが、40 歳、50歳を笑って迎えるために、たくましくしたたかに生き抜く思考法と選択肢を提案する渾身の書。
著者について
20代~40代男女11名の構成員からなる「人生設計」を考える会。仕事にしろ、住まいにしろ、ありとあらゆるライフスタイルが変化しつつある中、「ふつうの幸せ」を手に入れるためのちょっとした知恵とコツは何か?ということを日夜調査、研究、報告し続けている。
‹ 商品の概要に戻る
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 3 comments