Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

婆(ばば)道を究めたい!

 昨日、テレビを観ていたのですが、震災ホームレスの方が出てました。
「貯金が10万円しかないので心配だ。」とのこと。

 実は私も貯金が10万円ちょっと!(簡保保険は別です)
だけれど、私は心配では無い。

 なぜかしら?

☆節電のため、このごろは電気を極力使わない工夫をしてますが。
 電球のワット数も低めに制定。
 8時くらいまで明るいので、暗くなったら引き籠る。

 昔から、原始的な私ですが、(通信はほとんどテレパシー)携帯代が高いのには本当に驚いたのでした。それはDOCOMOでも「高い方です。」とのこと。

 クーラーは設置もしていません。ごく近くに数出る方でもクーラーを3台入れられた方もいる。

☆節約の方は?
 衣服はお古でOKです。
 脚力を鍛えてるので、黒姫駅くらいまではいつでも歩けます。

 食べ物は、残さず最後まで戴きます。
 昨日はタカ子さんと2個100円のレタスをシェア―で50円で1個ゲット。
 
 最後にはできれば自給自足が希です!

☆人助けには惜しんではいけないのが労力とお金かも。
 1昨日も外人の通訳をやったせいかマイクロ・バスの運転手が「バス代は要らないよ。」って。
 これで、200円の節約です!

 娘や姑や主人や父には多少、お金は使います。
 
☆私が憧れる究極の「婆道(ばばどう)」は「花咲か婆さんです。」。
 行く道、行く道、枯れ樹に花を咲せられたら、どんなにいいでしょう?

 この間、テレビでしつこく2度も観てしまった、老化を防ぐ方法は、ボケなども無くなり100歳くらいが平均寿命になれるという方法ですが、飢餓状態に持って行くと眠っていた生命力が蘇るように人類の長い歴史には記憶があるそうです。

 「デンデラ」はフィクションではありますが、現実に長野には「姥捨て」などという駅名もあるのです。

 役に立たなくなったら捨てると言う考え。

 ただ飯は食わせないと言う考え。

 それは、貧しい時代の考え方でしょうか?

 能率主義が原発爆発を産んで、人類を不安に導いている。

 ゆっくり、楽しく、たくさんできたら、無い人にあげて、皆で幸せに生きようよ!

 そんなメッセージが神から来ている気がします。
 
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments