Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

皆で明るい東北支援旅!日帰りで恐山とか「しらかみ」世界遺産旅など日本人って元気!

7月14日(木)晴れ、時々雨。
 今日は5時半ごろ起きた。
6時半に一応、借りていたインターネット・グッズを返却して、ついでに宿泊料を支払った。2日間で朝食付き9800円。インターネットはノ―ト・パソコンを持って行ったので無料。
皇太子夫妻と天皇陛下夫妻も宿泊されたことのあるホテルで、結婚式もおこなわれるようなホテルで安い。そして、満席だったようだ。
 7時の食事の前に30分あるので、青森港を散歩した。



公園になっていて、ねぶた祭りの用意もしてあった。海はなんだかロマンがある。
 7時に帰って、そのまま12階の食堂に行った。今日はバイキングだった。
私は和食に決めて、昨日と同じく港の見える窓の前に席を取った。

Y子さんが来て、一緒に食事をした。かなりのんびりして7時40分まで話した。

 8時21分の電車に座席で待ち合わせることにして、私は荷物を持ってコンビニに行って、恐山で写した写真のプリントアウトをした。かなり時間が無くなり、お弁当は買わなかったが、週刊誌は2冊買った。
 間違えて4番線のエスカレーターを下がりと上りを間違えて、荷物が多かったので、下から止めるボタンを押して貰った。結構怖い。下からY子さんが声上げて呼んでくれ、座席に。5分以上あったが、結構時間がギリギリ感が。
 リゾート「しらかみ」ハイブレット青池、五能線は綺麗で窓が広く、美しい海岸線を走るのでわくわく。2010年12月にできたばかり。秋田に着くのは13時21分。それから秋田新幹線こまち号へ乗り換えて、仙台で降りる。長時間、移動時間の日だ。


 しかし、この線はサービス満点。観光案内と途中、ジョンガラ節の津軽三味線演奏と歌がついている。
 青森から弘前に行き、川部で進行方向が変わり、五所川原に行き、鯵ヶ沢まで車内イヴェントがあるのだ。千畳敷や深浦などの海の景色がいいところは速度を緩めてくれる。世界遺産の白神山地にもアクセスできる十二湖(青池)などにも行ける。能代、森岳、八郎潟、追分、秋田で飽きることなく旅行が楽しめるので、指定席が必要なのだが満席。
 行きには横浜からの夫婦が一日一万円パスを使って新幹線とこのしらかみを乗るだけの旅をしていた。これで、津軽線で太宰の斜陽館に行った私たちは、この路線を知った次第。
私たちは、先頭の前の席で三味線を楽しみご満悦で秋田で降りた。
秋田で買ったお弁当は可愛くておいしかったです!1000円だったような。




 秋田新幹線こまち号もいい景色のところを通って行くのだ。盛岡を経て仙台に着いたのは4時台。そこでY子さんと別れ、娘と会い、時間がないので駅内の喫茶店でお茶やサンドイッチをいただいたのであった。
 7時8分のやまびこで買えるように指定席を取ってあったが、1本前のやまびこで大宮まで行った。長野新幹線に乗り換えるまで時間があったので「牛タン弁当」を駅で食べた。
これも950円だったと思う。

好物の海宝漬は仙台で買って、今冷蔵庫の中です!


 幸い繋ぎも順調で、黒姫のコテージには11時10分には着いて、お風呂に入り、洗濯をして家の中に干して、楽しくテレビなど観ていました。

☆この東北コースはお勧めです。
9月にJRは再び安いチケットを販売するようです。
60以上と思われる方達が、東北支援にと、朝1の電車と終電の電車を駆使して東北日帰り旅行をするのにはタフさに驚きです。
みな、にこにこ、席を譲り合って情報を教え合って、お弁当2個駅弁旅行を楽しまわれていました。

 私もヒバのおがくずなど安くて健康にいいものを買ったんですけど、お土産屋さんにも来てくれるだけでありがたいと感謝されました!






Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments