Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

嵐で雨戸を閉めてます!

さあ、午前中に買い物に出かけましょう。

☆郵便局で町会費を払い、東急で食材と大掃除用の洗剤を買う。
 かなりの重さだ。

朝、洗濯した衣類を干してきたけれど、次から次と洗うものもあり家の中は衣類でいっぱい。

☆東京は夕方から台風並みの強い風。
 桜坂の桜が満開だったのに、散ってしまうのだろうか?

後で写真を撮影にいこう!
せめて、散る前の美しさを永遠にするために。






ご近所のお花!
ミモザ!


舞台入口と書いてあるので、お能か狂言のお稽古場なのでしょうか?


☆散歩から帰ってきて、そろそろ掃除始めのタイムです!

小休憩中。
風の音が聴こえる!

生きることは何でもあり。
「ポイズン・ママ 小川真由美」を読んで思った。

お嬢様の雅代さんは随分過酷な運命を生きた。
他人と比べることはできないけれど、平凡な家庭から外れたら日本の社会は厳しいのだと思う。

宗教のマインドコントロールの恐ろしさ。

女優という仕事の持つ危うさ。ストレスの多い仕事で、どんなに美人でもやがては老いて世の中から飽きられる時が来る。

そんな母親が縋りたくなる宗教。

美しい母親の恋愛を父と離婚した暮らしの中で見せつけられる。

父には父の人生がある。生活がある。誰でも大人のエゴがある。

親が看てあげれない子供は随分とハンデを背負う。

「お誕生日にどんなプレゼントがほしい?」

「分れたパパとママと自分で食事がしたい。」
当然の子供の権利を母は叶えて3人でフレンチのコースを頂いた日の幸せ。

☆☆☆
 誰でも公平に危ういのが人生だと思う。
 もうすぐ娘の誕生日だ。

 よく晴れた金曜日のきっかり3時に、きっかり3000グラムと50センチで生まれた。

 子供はどんなこでもたくさんの幸せを親に運んでくれると思う。
一見、マイナスに見えるものでさえ、幸福なのだ。

 自分の両親も私たち4人のこどものために頑張って働いたのだと思う。

 私の家でも主人は毎日毎日よく働く。

 家族の幸福のためにだ。

 贅沢は言わない。

 このままの幸福が続きますように。


 
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments