Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

癒しは福音!


志賀高原ではまだ雪がありました。


少し暖か目のヘイフラワーのお風呂で!

☆まだ封を開けてない「生命の光」《無くてはならないもの》を読んでます。
おたあジュリアのことが記載されてました。
 400年前に徳川に流刑され神津島で一生を終えた韓国の貴族の娘のことです。

文禄元年(1592)と豊臣秀吉が朝鮮に兵を送ったとき、大将のひとりであり小西行長が戦によってみなしごになった子供を日本につれ大切に育てました。3歳のころでした。熱心なクリスチャンだった夫婦は洗礼を受けさせ、おたあジュリアと名乗るようになりました。

 関ヶ原の戦いで処刑された小西行長によって、一家はちりぢりになりおたあは養女と言うことで捕まrず京都のホレモン神父のところに身を寄せました。

 美しいので徳川家康に召しだされ、自分の側室になるようにキリスト教を捨てるよう家来に命じて脅かしました。

 脅かしのため、伊豆大島、新島と送ったが心を変えず流人船にのり神津島に行き、いわおやまをカルバリオ山と見なし、大いに幸福を感じる信仰生をおくったそうです。
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments