Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

今日は夏の終わりのような秋なんです!

 今日は時間があったら美容院に行ってもいいかも!

 暑いのシーツやコンフォートを干して降水確率0%なので干したまま出かけます!
タカ子さんに声をかけたらいないのでセブンイレブンで振り込みしたり、携帯充電用の電池をかって、お昼食べる時間がないのホットサンドイッチとコーヒーを飲んでいると第一スーパーのバスに乗るためタカ子さんがやってきました!

 私は白のノースリーブのワンピースを着ていたのですが、タカ子さんはおしゃれななのでめざといです。
「軽井沢でかったん?」「パリのsold!」「いくらだったん?」「半額で60EUROくらいかなあ?」「フランスのレースきれいなん!」

 今日は麦わら帽子にロクシタンでもらったストローのトートバッグに薄いブルーのカーディガンに白いスニーカー。
 「もしかしたら美容院に行くので!」
 
 「東京の美容院にわたしも行く!観たい映画たくさんあるねん!」

 「今日までの映画長野に観に行くの。フランスのいったことのあるル-アーブルの舞台の映画!東京に行くなら、軽井沢によって行くといいよ。秋のセールでファッションにうるさそうな人たちがカーともって買いに来ていた!」

 第一スーパーのバスもシャトルバスも一緒に来たので、ここで暫しのお別れ!
2時頃には東京へ向かうそう。お嬢さんの家に10日くらい行くそう。

☆私のバスも10時25分に出発なのだが黒姫高原まで悪路を行くのでドライブとしては苦しい。
牛が童話館の前でくつろいでました!35分乗って黒姫駅に着いたのが11時!

☆スターバックスのアイスコーヒーを飲んでましたが客は私ひとりでした。
☆空いている時間は携帯をいじれるのがいいです!
 今朝は実は蜘蛛の2匹目を描いてきたのです!
 昨晩は2匹目のイモリ!
 Loveはやはり森の命の源!

 昨晩「グリム200歳」を読み終わりましたが、森とはいろいろな深い意味があるようです。
 隠れる。
 癒し。

 嘘をついた母親が3にんの子を失います。
 聖母マリアが開けては行けないという扉を開けてしまったのに、嘘を突き通して「開けてない。」と言うのです。
 「罪をおかしても正直に告解すれば許される」という教えの話のようで、最後に辛い境遇をとおして、「開けました。」と言ったときに聖母マリアは3人の子を返してくれるのです。

 森には魔女が住むという定義もあるそうです。
薬草や占いを知ってる女は魔女とされたキリスト教文化。

 ケルト文化では森は妖精の住む日本のやおろずの神に近かったので、伝説の物語にはそんな影響も感じられるのでした!
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments