Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

お昼休みのラッキーな読書!

「岡田謙三の生涯」北湯口 孝夫著
2000円
昨日、古本屋で買った本は800円だったが、本の内側に奧様のサイン「岡田きみ」と謹呈と言う字が入っていて、ほとんど読んだ形跡がないきれいな本だった。
 「私はアメリカにやってきた それで、自分がみつかった」と帯にある。
フランスとアメリカに滞在した人。
時代は1902年あから1982年。
現代美術の著名人や藤田つくじ(スマートフォンなので字が見つけられない)などとの交遊も豊かなので現代アートの歴史をみるようだ。
「3年でものにならなかったら舌を噛みきって死ぬ。」と言う渡米の決意が48歳。
日本ではすでに確固たる位置を築いていたそうだが。

 自分もアメリカに行って美術学校に再びいったのが47 歳か48 歳だった。
娘と主人と平凡な暮らし。私のアートのためにアメリカにいったわけではないが。

☆今日のお昼は昨日東急で買ってきた「英国風ビーフカレー」帝国ホテルです。
2012-10-04 14.00.08
ご飯が炊いてあるので、これが時間的にロスがない。

 絵を描き出すとエネルギーがそこにとられるので食事を作る手間が惜しい。
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments