Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

天国の至福!「垣間見た永遠の世界」より。

フェニーーモイスィーバー著

2012-11-25 08.07.22
2012-11-25 08.07.41
P121
第7部
天国の至福
1.聖人たちの惑星

真上に、ひときわ美しい星があり、私たちはそれに向かって直行した。
 中略

 平和な、落ち着いた雰囲気を作り出している、葉の生い茂った、高い棕櫚の木々を見た。棕櫚の木には、重く垂れ下がる、香り高く、水分の多い不思議な実が、大きな房を作っていた。
 
 2012-11-25 06.53.09
2012-11-25 06.53.15
 青空は、時々彩りゆたかな光に彩られ、その光が地上のすべてを彩った。
この惑星は他のどの惑星よりも気高く、豊かさに満ちていた。山々は黄金色に光り、目も眩むばかりの宝石がその上を覆っていた。

2012-11-16 13.33.06
2012-11-25 07.16.47
 紺碧の湖は、色とりどりの花を映す鏡のようであった。黄金色の実をつけた果樹が、地面に届くほど枝を垂らしているのを観察した。その実を食べてみたが、それは口の中でとろけ、その香りも、果肉も、地球のどのような果実よりも優っていた。その時、水晶のように透き通った滝の流れる渓谷に様々な色の光が映し出されているのを見た。
案内者は言った。
「ここは聖人の住処です。」
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments